「OS X Lion USBメモリ版」の開封式

   

先日の記事では大変お騒がせしました。(^^ゞ
参考記事:「OS X Lion USBメモリ版」が必要な理由
MacBook Airは無事に復旧して今は元気にこの原稿を書いています。
さて、復旧した時のことやLionから導入された新しい修復方法については後日記事にします。
しかし、あの時慌てて注文した(もう用の無い)「OS X Lion USBメモリ版」が到着してしまいました。
あまり買う人もいないでしょうから(苦笑)開封式やります。


こんな封筒に入っています。
ごめんなさい、ピンぼけしてます。

封筒
パッケージは二枚重ねの紙の真ん中がくりぬいてあって、そこに埋め込まれています。

パッケージ表

パッケージ裏
可愛らしいチビッコUSB
この林檎のマークが何とも良い感じ。

チビッコUSB

チビッコUSB
13inchのAirに取り付けたところ

取り付けたところ
デスクトップにマウントしたところ。
この本物そっくりに拘ったアイコンが素敵

USBicon
中身を開くと普通にLionのインストーラーが。

インストーラー
容量は4GB

情報を見る
optionを押しながら起動してみると...
おぉ!ここのアイコンも!

起動画面


やはりこれは、SnowLeopardのシステムから起動してLionを上書きインストールするためのものですね。(^^ゞ
まるっきりの無駄遣いか?
いやいや、林檎マークのUSBメモリを手に入っただけでも立派なもの。
しかし、今時4GBのUSBメモリを6200円で買ったなんて嫁さんには絶対言えん。
 _l ̄l○
悔しいからアイコンをコピーして、別のUSBメモリに貼り付けてやった。(涙目
しかし、一緒に注文したApple MacBook Air SuperDriveは便利。(結局買ったのか)

別のUSBメモリへアイコンだけコピー



 - いろんなApple製品の話