みとさんからiPhoneカバーいただきました

   

みとさん こと、三都商工の武田さんから試作品?のiPhoneカバーをいただきました。

いただいたカバー
iPhoneのカバー、その後
みとさんとは、ブログを通じて知り合い交流させていただいてます。
以前、第一世代のiPodnanoカバーを作られた時にも送っていただいたことがありました。
いつもありがとうございます。m(__)m
ご存じない方のためにご紹介しておきますと、みとさんは、他にもiPod Touch ケースなどを次々と発売されていて、彼の物作りに対する真摯な姿勢には、いつも感心させられています。
また、その商品群はビジネス専門誌に掲載されるなど、Appleファンのみならず、各方面から高い評価を受けています。
さて、いただいたiPhoneカバー、みとさんのお話では、まだ商品化する予定は無いとのことです。
商品化する予定の無いiPhoneカバーのレビュー記事を書いて良いかどうか迷ったのですが、みとさんの許可をいただきましたので、微力ながら商品化の際の一助となればと思いレビューさせていただきます。


いただいたiPhoneカバーは、厚さ0.5ミリの塩ビでできているとのことで、画像を見ていただくとわかりますが、非常に薄くできています。
そして、それぞれの穴も手作業で開けられていますが、それぞれの穴にピッタリと合っているのがわかると思います。
(良い仕事をしてますな~)

背面1
背面2
これまでの、iPod nanoのケース等とは違い、表面に傷が付くのを防ぐための 「カバー」であって衝撃から守るためのものではありません。
ですから、高いところから落とせばiPhoneは壊れます。
私は、今までiPhone保護のために、シリコンゴム製のカバーを付けていました。落とした時にクッションとなって保護されるのは良いのですが、iPhoneが太ってしまうのと、オシャレじゃないのが難点でした。
それに、ゴムカバーを付けたままでは、純正のiPhone用ドックが使えませんでしたが、この薄さだったらそのままドックに収納できそうです。
iPhoneアクセサリ
それに背面が透けて見えるので林檎マークがとってもオシャレ。
みとさんの作るケースは、黒子に徹し、Appleのデザインの良さを損なうこと無く、それぞれの商品の使い勝手や機能性を高めてくれるのが魅力の一つ。
今回の物は、まだまだ、第一段階の試作品といおうか、取りあえず作ってみたレベルの物。
しかし、手作りですので、作った人の思いまで伝わってくるのが数日使ってみてわかりました。


それでは、使ってみて、ちょっと気になった点、改良して欲しい点を。
まず、カバーのディスプレイ部分に装着する蓋と言おうか、液晶部分のカバーですが、これは0.5ミリ厚のポリカーボネイト。
私は、保護シールを貼っていたのですが、そのシールを剥がしてこの蓋を付けてみたところ、やはり厚みがあるのと、液晶部分との隙間ができてしまうせいでしょうか?反応が鈍くなります。
これまでは、軽く触れるだけで反応してくれたのですが、この蓋を付けたままだと、意識して液晶画面を押さないと反応してくれません。
ほとんどの操作をこの画面でやるだけに、ストレスが溜まります。
結局私は、もう一度シールに戻しました。
この問題は、材質を変更することや、厚さを変えることで解決できるのでしょうか?
それとやはりストラップホールが欲しい。
私は、革製のタバコケースを改造して入れているのですが、取り出す時にスッと出せないので、ストラップは付けたいですね。
すでに、ストラップホール付きのカバーも発売されていて人気のようです。
当たり前ですが、iPhoneiは、iPod touchと違って、電話機能があります。
ですから、ケースから取り出す時や、他の人に電話を替わるため持っていたiPhoneを手渡す場合が多いと想定されます。
なので、そういう時の落下防止のため背面または側面に何らかの滑り止めが欲しいですね。
また、胸ポケットに携帯電話を入れていて、落下させる事故は良くあるケース。
こういう時のためにも、背面に滑りにくいラバーなどを貼り付けてはいかがでしょうか。
実際、シリコンゴムカバーを付けていると、胸ポケットに入れて下を向いてもすぐには落ちません。
いろいろ書きましたが、やはりみとさんの作るiPodケースなどはとっても魅力的、このケースも是非商品化して欲しいですね。
PS:メールでみとさんへ連絡したところ、すでにその気(商品化)になっているようで、毎日試作を繰り返しているとのことでした。(*^_^*)
みとさん作成のiPodケースなどは、こちらから

 - iPhoneの話