りゅう太がいっぱい!

   

全国のりゅう太ファンの方お待たせしました。(笑)
今回、Flickrを使って我が家の愛犬、りゅう太の画像を公開することにしました。
やつは、我が家で唯一顔出しOKの家族。
私のTwitterアイコンのモデルでもあります。
りゅう太


Instagramでは、りゅう太の画像をアップしていたのですが、そのたびに「こんなに可愛い柴犬を見たことがない!」「あのワイルドさがたまらないわ!」「フサフサのしっぽに触りたい!」などの要望が多く寄せられていました。(嘘)
実は私...
りゅう太を飼い出すまでは、犬が苦手でした。(^^ゞ
私の小学生の頃は、まだ野良犬が街の中に多くて学校からの帰り道とかに後を付いてくる犬がいて、結構怖い思いをしたんです。
実際、子供が噛まれたりする事故も多かったんですよね。
それと、自宅は猫をずっと飼っていたので犬を飼った経験もなかったし。
家族が犬を飼いたいと言い出した時も、みんなに恨まれながら私だけ長いこと反対していました。
渋々飼うことにしたのですが、我が家は嫁さんと娘が2人で、男の子がいないため私の味方になるようにと雄犬にすることと、番犬になるようにと柴犬を条件に出したのです。
三年前に嫁さんがいろいろネットで調べて、京都のブリーダーさんから購入したのでした。
参考サイト:柴犬ブリーダー
☆参考記事:託す時
↑こんな記事書いてたんだ、後半部分はなんだか今読むと感慨深いな〜。
まずiPhotoから61枚アップしました。
子犬の頃の画像はiPhone3Gで撮影しているのですが、比較してみると今のiPhone4Sのカメラの映りの良さが解りますね。
これからは、撮影はiPhone4S、アプリは画像投稿の神アプリPictShareを使って更新予定。
こういうやり方ならば、ずぼらな私でも続けていけそうです。
右サイドにリンクを貼っておきますのでよろしくお願いします。^_^

りゅう太の小屋


 - りゅう太