アプリケーションの整理ってどうしてます?

   

私の特技の1つに物事や予定を忘れることがあります。
嫁さんに家の用事を言いつけられて、すっかり忘れてしまったことも数知れず。
最後には怒りを買ってしまい、「私のことを馬鹿にしてるの!」と怒られる。(T.T)
いや、けして馬鹿にしている訳じゃないんですけど、何かに熱中しているときはふんふんと聞いていても頭の中に残らないんですよ。
さすがに仕事の時は忘れちゃまずいので、スケジュール帳にバッチリメモるのですが、プライベートな予定までメモるのが面倒なのでついつい疎か(おろそか)になってしまいます。


そんな私ですから、便利そうだなと思ってMacの中へ入れたフリーソフトなんかは良く使うもの以外すっかり忘れてしまう。
名前を見ても、どんな用途に使うものだったか思い出せないソフトがある。
そこで、既存のアプリケーションフォルダ以外に、「ユーザ」→「ホームフォルダ」の直下に「Applications」というフォルダを作ってフリーソフトなんかはそこへ入れるようにしています。
そして、その下にも大まかな用途別に別けてフォルダを作成して整理するようにしています。
アプリケーションフォルダ
こうしておけば、用途に応じて「確かこんなソフトがあったよな~」というときにすぐに探せて便利です。
注意点としては、
・後からソフトのありかを移動するとパスが変更されるためDock等に登録していた場合「?」が表示されてしまう。
・自動アップデートが効かない場合がある。
・既存のアプリケーションフォルダ以外では、作動しないソフトがある。(Google Earthがそうでした)
といったところでしょうか?
余談ですが、「Applications」というフォルダを作ると自動的にアイコンが変わるので面白いですよ。
参考記事:分身の術
何事も整理整頓が大切だということですかね~
記憶も整理整頓して、嫁さんに叱られないようにしなきゃ・・・
でも私の場合、整理整頓が大の苦手だったりします。(-.-)

 - Mac・iPhone・iPad入門