ウィルスバリアXとネットバリアXを使ってみた

   

Apple StoreGW期間限定で、ウィルスバリアXとネットバリアXが通常のAppleStore価格¥8,080のところ、¥1,000引きで販売していたので、酔った勢いでポチッとしました。(^^ゞ

virusbarrier.jpg
ウィルス対策ソフトは、以前からClamXavに頼っていたのですが、動作が軽いと評判なのと設定が簡単なウィルスバリアX を使ってみたかったのです。
ウィルスバリアX は評判通りバックグラウンドで動いていると感じさせない軽いソフトで快適です。
それまでダウンロード先にデスクトップを指定していました。
しかし、保護領域にデスクトップを指定するとスクリーンショットを撮っただけでダイアログが出て鬱陶(うっとう)しいので新たにデスクトップにダウンロード先のフォルダを作成。

hogo.jpg
そこを保護領域に指定しました。
工夫したのはそれくらいで、あとは今までの環境と変わりなく使えています。
ウィルスが少ないMacですが、マイクロソフトWordやExcelファイルに潜んでいる可能性のあるマクロ系ウイルスはMacにも被害を及ぼしますので、これらのファイルを頻繁にやりとりする方は、ウィルス対策ソフトは必要だと思います。


ウィルスバリアX よりもむしろ欲しかったのは、ネットバリアXの方。
インターネットに接続してブラウザーでWebサイトを見たりメールの送受信をすると、Personal Computerとネット上のサーバーとの間で様々な情報のやりとりをします。
このblogのトップページを読み込んだだけでも、これだけのサーバーへPersonal Computerから要求が出されています。

accesslog.jpg
※スクリーンショットは、ネットバリアXのログ画面
blogのサイトへはもちろんのこと、アクセス解析のサイト、アフェリエイト関係のサイト、blogサービス等々。
このソフトを使うと、何処へPersonal Computer上から情報を発信しているのか特定することができますし、特定のサイトへの通信をブロックすることができます。
名前を解決(サーバーのIPアドレスをドメイン名に変換すること)してくれない場合は、表示されたIPアドレスの前に「http://」を付けて再読込すると関連のサイトを表示してくれます。
(このblogのトップページを読み込むと「中古車販売会社」のサイトと通信するのは何故?)

toolbar.jpg


Retro@Diary ~Rev.B~さんの記事Webは危険でいっぱい?でも書かれていたように、何処のサイトが「トロイの木馬」等のスパイウエアを放り込んでくるか分かったもんじゃありません。
(これらのソフトは、WindowsとかMacとかのプラットフォームに関係なく作動します。)
かといって、クッキーを受け付けなくしたり、ネットバリアXのセキュリティをガチガチにしてしまうと、利用できないサービスが多々あります。
私の場合、「アンチバンダル」→「アンチ・スパイウエア」を設定するとSafariがRSSを受信できなくなったので「オフ」にしちゃいました。
このあたりは、使いながら自分の使用状況に応じて最適な環境を設定していくしかないでしょうね。
便利だなと感じたのは、プライバシー・フィルタ機能。
私は、ネットで使用するパスワード等をテキストファイルで保管しているのですが、この機能を設定するとパスワード等の特定の文字列の流出を監視してくれて、ネットワーク上へ流出するのを保護してくれます。
このソフトの能力を最大限に発揮できるのは、Macを使ってネット上でサーバーを運用するときではないでしょうか?
「アンチバンダル」機能によって、侵入者を特定、アクセス拒否できます。
私も過去にiMacを使ってWebサーバーを公開していたのですが、最初の頃セキュリティーが甘くて時折サーバーがシャットダウンしたり、再起動したりするいたずらをされたことがあります。
いたずら程度なら良いのですが、ファイルサーバーやメールサーバーを公開している場合にはデータが盗まれることもあります。
また、知らない間に他のサイトを攻撃する際の踏み台にされて加害者になっていたりします。
こういう攻撃や進入が行われた場合即座にアクセス拒否して、メールで知らせてくれる機能があります。


こうやって考えてみると、ネット上での安全性は、便利さと反比例するように思います。
インターネットを便利に使えば使うほど、データの流出やウィルスの驚異にさらされるようになります。
最低の防御ラインを自分なりに設定して、便利に使いたいものですね。
ネットバリアX、ウィルスバリアXともにact2のサイトでダウンロード販売されています。(無料でお試しも可能)
できるだけ安く導入されたい方は、このダウンロード販売を利用されるのがいいでしょう。(各¥7,800)
ウイルスバリアX 4
ネットバリア X4
パッケージ版が欲しい方は、私が知っている限りではAppleStoreが安いです。(¥8,080)
ユーティリティソフト
Amazonだとこんな感じ。
ウイルスバリア X4
 ネットバリア X4

すでにUniversal化されていますので、IntelMacでも快適に使えます。
【追記】
パーソナルバックアップX4も付いてお得な
インターネットセキュリティバリア X4

 - Macアプリ