ウルトラブックとMacBook Air

   

少し前から、ウルトラブックという新しいカテゴリーのWindows搭載PCが出ているのは知っていたのですが、全く興味が無かった(笑)のでどんなものか知らなかったのですが、こんな定義があるんでしょうか?

パソコン各社、今夏相次ぎ薄型軽量製品  :日本経済新聞
ウルトラブックとはインテルのCPU(中央演算処理装置)を搭載し、本体の厚さは20ミリメートル以下、価格は1000ドル(約8万円)以下などの条件を満たすパソコン。


この価格帯と条件ならMacBook Airも入りますね。
BootCampやエミュレータソフト入れちゃえば動きますからね。
それはともかく、各社ともAppleへ追いつけ追い越せで頑張っているようですが、Appleとは基本的な考え方の違いというか売り方の違いを感じました。


一言で言うと、Personal Computerがいわゆるタブレット端末や、スマートフォンに押されている中、ウルトラブック陣営はそれらに負けずにパソコン売ろうとしているのに対し、AppleはiPhone、iPadと共にMacBook Air売ろうとしているということです。
ウルトラブック側は、相変わらずPCにテレビ機能を付加して多機能化を目指しているようですが、いつも疑問が湧いてきます。
・こういう多機能化ってホントに便利なのかな?
・ただ操作を複雑にしているだけなのでは?
実物も見ずに失礼な話ではあるのですが、以前からこの手の商品が出る度に感じていました。
機能がてんこ盛りでお得感はあるのでしょうが、それってホントに使うの?
一方、Apple陣営の方は、テレビとPersonal Computerの融合という異種交配のような戦略は採らずに、それぞれiPhone、iPad、MacBook Air等の特徴を生かした使い方を考え、テレビ部門は今のところAppleTVに任せています。
そして、それらをAirPlayなどで連携を強化し、特長を生かしたライフスタイルを提案しています。
Appleが素晴らしいと思うのは、MacにしてもiPhone、iPadにしても、コンセプトはソフトウエアの器と考え、ソフトウエアをいかに快適に動作させるかに徹しているところです。
ソフトウエアのサポートに徹しているからこそ、余計な手を加えずデザインをシンプルにして煮詰め、例えばiPhoneの筐体1つ作るまでに何十、何百というモックアップ(模型)を作って、いつまでも触っていたい握り心地を実現しているのです。
そして、ソフトウエア、iOSにしてもOSXにしても基本的な機能をブラッシュアップしてユーザーに提供できるのではないのでしょうか?
特にiPhone、iPadのiOS陣営では、溢れんばかりのアプリが開発され、本当の多機能になっています。
しかも、操作性はOSがしっかりしているため解りやすく、馴染みやすいものになっています。
そして、それぞれを組み合わせる事により、より便利で楽しい生活を送ることできるようになっています。
* * * * * * *

私の周りにも、iPhoneから始まり、iPad、今度はMacBook Airを買うと宣言している人、実際買っちゃった人などがいっぱいいます。
ウルトラブック側は、ユーザーにとっての本当の便利さとは何かをもう一度じっくり考えてみたらいかがでしょうか?

 - Appleを語る