スイングガールズでBigBandJazzにはまる

   

先日、平日休みだったので、DVDを借りてきて嫁さんと一緒に映画「スイングガールズ」を観ました。
チビ達がいると、やれ牛乳をこぼしたとか、鼻水が垂れてきたとかで、夫婦揃って映画鑑賞なんかしていられないので、久しぶりでした。
夜は夜で、チビ達と嫁さんは、午後9時には寝てしまうので・・・


ストーリーはだいたい皆さんご存じでしょう。
「ウォーターボーイズ」と同じ 矢口史靖監督・脚本の映画ですので、あのノリがそのまま女子高生版になったような映画です。
楽器演奏の方は、素人ですので上手いとは言えませんが、短期間であそこまで演奏できるようになったのなら立派なものです。
映画のあとで、実際にコンサートも開いたそうですよ。
楽しく映画を見終わった後、私がしたことは、iTunesMusicStoreで、映画の中で演奏していた曲の検索。
昔からJazzは好きで良く聴いていたのですが、ピアノトリオ専門で、BigBandはほとんど聴いていませんでした。
身体をスイングさせながら検索すると、We're Still In Love Glenn Millerとか The Benny Goodman StoryBenny GoodmanとかのJazzの大御所が出てくる出てくる。
劇中で出てきた、サッチモ(ルイ・アームストロング)のWhat a Wonderful World も懐かしくなって買っちゃいました。
1950年~60年代、Jazzといえば「酒と女と麻薬」でした。
サッチモもそんな生活で身体をこわして、なんとか持ち直したとき詩です。
What a Wonderful World 日本語に訳すと、

生きてるだけで丸儲け

でしょうか・・・
(今日は、Solid Inspiration Blogさん風に決めてみました)
歌詞だけでも読んでください。感動します。
特に落ち込んでいるときは訊きます。


しかし、iMixまで作ってしまった私は、Appleの戦略に踊らされているのでしょうか?
いいや!どうせSwingしているんだし。
iMix:Swing Swing Swing
icon

/ 東宝(2005/03/25)
Amazonランキング:1,224位
Amazonおすすめ度:

高校生ジャズバンド
矢口監督
山形県の観光振興に結びつけば・・・


 - iPod・iTMSの話