ディズニー&ミュージック

   

私のチビ達の大好きな音楽の中にディズニーチャンネル「ハイスクールミュージカル」がある。←音が出ます。
これは、テレビ映画形式の番組なのですが、題名の通りミュージカル。
劇中に音楽がいっぱい。
チビ達は、ノリノリで劇中の曲を覚えて英語の歌詞で歌っています。(意味は分かってないけど)
言葉なんて理屈で覚えるモノではないのだな~っと実感。
実は昔からディズニーは、名曲の宝庫なのです。

土岐麻子 - 星に願いを (Live Version@Sweet Basil) - Single - 星に願いを星に願いを(When You Wish Upon a Star)
は、映画ピノッキオの冒険の挿入歌。

九重佑三子 - ゴールデン☆ベスト 九重佑三子 - チム・チム・チェリー   (映画「メリー・ポピンズ」)チム・チム・チェリー
は、映画メリー・ポピンズの挿入歌で、アカデミー歌曲賞受賞曲
そして
セリーヌ・ディオン/ピーボ・ブライソン - 美女と野獣 (オリジナル・サウンドトラック) - 美女と野獣美女と野獣
は、アカデミー賞最優秀オリジナル作曲賞&主題歌賞を受賞。
ディズニーに限らず、オーディオと映画は、共に成長してきました。
映像と音楽は切っても切れない関係ですね。
映画音楽からジャズスタンダードになった曲、大ヒットした曲は数知れず。
映画音楽


映像と音楽は、言い換えれば視覚と聴覚。
その融合によって映像にリアリティを持たせることができる。
Personal Computerで、それができるのは、やっぱりMacだと思っています。
私にとってまだ見ぬLeopardなのですが、 OS 9、8の頃の操作感に戻っているのでしょうか?
皮肉なことにiPod touchの方がそういう面では一歩進んでいるような気がします。

 - Appleを語る