ネット犯罪にご注意を その2

   

以前ネット犯罪にご注意をという記事を書いたんですが、最近ネットオークションである品を落札したときに明らかにフィッシングと思われるメールが来たので紹介しておきます。



フィッシング詐欺のメール

なんか、あまりにお粗末なフィッシング詐欺のメールです。
でも私のように普段からPersonal Computerでメールや、ネットを使っている人間にとってはお粗末に見えますが、私の母親のような高齢者の方やうちの嫁さんみたいに普段慣れていない人達がこういうメールを受け取ったらどうでしょう。
振り込め詐欺なんかもそうですが、人を混乱へ陥れて不安にさせ、騙す。
人を疑ってかからなければならない世の中というのは、とっても貧しい社会だと思いませんか?
お金や物が無いという意味ではなく、心がね。


「引っかかる方が悪い」という人もいます。
かつては私もそう考えていました。
私がインターネットを始めた頃は、「Personal Computerやネットに関する知識を学んで積極的に生活に活かしていこう。」という人が多かったと思います。
しかし、現在は、Personal Computerが普及して誰しも「便利だから」という理由だけで気軽にインターネットというものを利用するようになりました。
(だから、前述のようなお粗末なフィッシング詐欺のメールでも効果があるのかもしれませんが・・・)
そして、こういうネット犯罪に引っかかったのが、自分の親や配偶者、また子供だったら「引っかかる方が悪い」と言っていられるでしょうか?
またもっと巧妙に作られたフィッシング詐欺メールに、自分自身が引っかかってしまったとしたら・・・
常に他人の不幸を自分の不幸として考え、思いやることができたら、もっともっと暖かい社会になるのではないでしょうか?
そういう住みよい世の中にするために、こういう詐欺メールやスパムメールを受け取ったら、どんどん情報提供しましょう。
送り先は→迷惑メール相談センター
(迷惑メール・チェーンメールに関する情報もいろいろあります。)
前述のメールもここへ転送しました。
最後に一言。
君らのようは悪い子の処へは、
サンタさんは来ない!

私の処へ来るのかどうかという問題については今回棚上げ。(笑)

 - Appleを語る