中島みゆきの使い方

   

左サイドにも厚化粧をした中島みゆきのバナーを貼っているんですが・・・
(`´)ノ☆(((*;・)ゴメンナサイ
(T.T) 2月になってから中島みゆきの曲がiTMSで買えるようになりました。
泣くほど嬉しいです。
中島みゆきと言えば、私と同年代の「おじさん?」にとって重要なポジションの歌手なんです。
「時代」で世界歌謡祭でグランプリを受賞したころ、私は中学生。
しょっちゅうラジオで「時代」が流れていたような記憶があります。
その後も多感な青春時代を中島みゆきの曲と共に過ごしてきました。
彼女の歌には最近の歌よりもいいのがいっぱいあるんです。


今もけして古くはない、中島みゆきの世界を今の世代の方達に知って欲しくてピックアップしてみました。
Wakareutaわかれうた」では「道に倒れて誰かの名を呼んだことがありますか?」
こんなすごい状況を当たり前のように聴く人に問いかけています。
Fight!ファイト!」では、その元気そうな題名とは逆に、自己嫌悪や逆境のなかから一生懸命立ち上がろうとしている人間の姿が描かれています。
Sejou世情」を聞くと「金八先生」のワンシーンを思い出します。
家庭内暴力や校内暴力華やかなころの中学校、高校時代を思い出します。
でも今の世の中はこんな事ぐらいで驚かないくらいひどい状況なのではないでしょうか?
もともと学生運動を描いた曲のようなんですけど・・・
中島みゆきの曲は、常に私たちに問いかけてきます。
「こんな現状に満足していいの?」とか「こういう世の中でいいのかな?」とか・・・
同時に「一緒に頑張ろうよ」というメッセージも含まれているような気がします。
そして彼女の曲を聴くといつも自問自答してしまいます。
今の自分でいいのだろうかと・・・
私が若い頃に聞いて思い入れがある曲は、
Ashita Tenkini Nareあした天気になれ
ちょうど今の会社へ就職が決まる前、バイトをしている精神的に不安定なときに流行っていた記憶があります。
なんどこの曲に励まされたことか・・・
Kousani Fukarete黄砂に吹かれて
終わりの方の「うそ~つき、うそ~つき」という歌詞。。。
女性に乱れた髪をかき上げながら「嘘つきね」って上目遣いで言われたらたまりません!(自爆)
でも、究極に暗いのは「"Genki Desuka"「元気ですか」」ですね。
歌じゃなくて語りです。
自分の嫉妬、ねたみ、それを全部解っていてもなおかつ振り切ることができない好きな人への思い。
そして自己嫌悪・・・
そんな私も経験したことのある自分との葛藤を見事に語っています。
中島みゆきの一番良いところは
暗 さ

でしょう。
なんせ Ikiteitemo Iidesuka 生きていても良いですか
というアルバムがあるのですから・・・


私の経験 失恋からの立ち直り法。
中島みゆきのような暗い曲を聴いて聴いて酒に酔っぱらって、泣くだけ泣いて、数日するとそんな自分が馬鹿に見えてきて立ち直れます。(T^T)
iTMSのバナーってとっても素敵なのが多いのでiTMSバナー リンク集を作ってみました。
そちらもよろしく!

 - iPod・iTMSの話