何となく淋しい?WWDC雑感

   

深夜、頑張って起きてました。( ̄○ ̄)ネム

[ #WWDC2012 ] ここだけ見れば大丈夫。基調講演でアップルから発表された新情報まとめ! : ギズモード・ジャパン

事前に予想(リーク?)されていたとおりの内容で、以外な発表はありませんでした。
米国のナスダック市場でも、予想範囲内とのことでAppleの株が売られているようです。

NY株ハイライト アップルの浮揚効果が減退? 新CEOに注目も :米国・欧州株概況 :海外 :マーケット :日本経済新聞

米国全体が最近スッキリしない経済状況にあって、AppleのWWDCへの期待が大きかったように思います。
これまで数々の革新的な製品やサービスを発表してきた経緯から言って、当然と言えば当然かもしれません。
私もSteve Jobs氏が亡き後、当初「Appleもちょっと堅実路線になってきたのか?」という印象を持ちました。


今回の目玉の発表だったMacBook Proのラインナップの変更、全機種をRetinaディスプレイにしてくるのか?と思っていたのですが、今回は15inchのみ。
それも、旧機種のMacBook Proをポート類や個々の性能をマイナーアップデート(17inchはディスコン)をしたラインを残したままでした。

アップル - ノートパソコン - MacBook Pro - 特長

同じRetinaディスプレイに変更するにしても、今までだったらMacBook Pro全機種をRetinaディスプレイへ変更して旧機種をディスコンしていたでしょう。
そのあたりの思いきりの悪さが、私が先ほどの堅実路線になったの?という印象になったのです。
それと、MacBook Pro17inchのディスコン。
確かに、17inchの売れ行きは良いとは思えません。(17inchファンの方ごめんなさい)
他のメーカーもこんなに巨大なノート型Personal Computerは作らないだろうし、Appleしか作れない(作らない?)機種として残しておいても良かったと思うんですけどね。
MacBook Pro17inchは、遊び心あるフラグシップとしての存在価値が大きかったんじゃないでしょうか。
少なからず需要もある訳ですし。
Jonathan Ive氏のビデオを観ると、RetinaディスプレイイモデルのMacBook Proは、筐体も内部の機構も大きく変更し革新的な進化を遂げた様子。
しかし、現実問題として革新的過ぎて生産が追いつかず、MacBook Proのラインナップを全面的に変更するには数を揃えることができなかったのかもしれません。

アップル - ノートパソコン - MacBook Proファミリー - かつてないほどパワフルになりました。

フラグシップと言えば、Macのディスクトップのフラグシップ。
MacPro
こっちもアップデートしたものの、マイナーチェンジに止まっています。
淋しいな〜
でもこういう話もありますので、来年に期待しましょう。

Apple、新しい「iMac」や「Mac Pro」を2013年にリリース予定!? | Linkman

後は、7月発売予定のMountainLionや新しいMapサービスの話、秋に発売予定?の次のiPhoneに搭載されるであろうiOS6の機能紹介などなどでした。
より、iOSとMacのOSが近づいて益々親和性が高くなっているようです。

* * * * * * *

Appleファンの私からしたら、ビックリ感もOnemorethingも無かった今回の基調講演は、ちょっと残念感が漂ったのは事実です。
しかし、昨年まで頑張っていたSteve Jobs氏が復帰した頃から近年は、Appleが倒産の危機から這い上がるために形振り構わず走り続けてきた時期なのでしょう。
iPod、iPhone、iPadなど革新的な製品を開発し、リスクを取ってでも前へ前へ走り続けなければ、いつ何時また倒産の危機が訪れるとも限らない。
そんなJobs氏の一種背水の陣的な危機感が、今までのAppleを支え、成長して来たのかもしれません。
Jobs氏がいなくなったAppleはつまらない等々の声もありますが、一般的な企業と比べても異常なほどの成長を遂げてきたApple。
この急成長は、同時に失速する危険もはらんでいます。
ジョブズがいなくって変わった点、これまでと違う点もいろいろあります。
だけど悲しいことにジョブズ氏は故人。
いつまでも、「ジョブズ氏だったら...」と考えていては、状況に合わせた変化を望めません。
これから先、今までのようなワクワクドキドキするような性急な発展は無いのかもしれませんが、今は形振り構わず走り続けた足跡を見直して、新生Appleへ変化していく時期なのかもしれません。
こういう言葉を先日ある方から教えていただきました。
進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンの言葉です。
『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』

私も変化するためにRetinaなMacBook Proが必要だな (マテ

Apple - Apple Events - Apple Special Event June 2012
Keynoteビデオ


 - Appleを語る