初めてのIntelMac その3-BootCamp -

   

たぶんIntelMacを使っているほとんどの人がBootCampや仮想化ソフトでWindowsを動かしていることと思います。
なんせ、IntelMac最大の利点と言っても良い機能でしょう。
ご多分に漏れず、私もBootCampをインストールしてみました。
Windowsは、現在仕事で使っているものの使用ソフトはWordやExcel、PowerPointで、その他のWindowsというOSに関する私の知識はMac購入以前のWindows98で止まったままです。(^^ゞ


最初は面白がっていろいろソフトを入れたりして遊んでいたのですが、最近はほとんど起動することが無くなりました。
私の場合、自宅でWordやExcelを使うこともないし、MacはiPhoneを管理したり、こうやってblogを書いたり、デジカメで撮った画像を管理したりすることが主な使用目的。
Webでドラマや映画を見ることがあっても、最近は、ほとんどMacで見ることができます。
コーデックの関係で、Windowsでないと見ることができないファイルがあったり、利用できないWebサービスがありますから、そういう時だけですかね~Windowsを使うのは。
その後にWindowsのままFireFoxなどでWebを見たり、他の目的に使おうとしても、画面上にどうでも良い(と思われる)吹き出しやら、警告やら、ソフトの広告なんかが表示されて鬱陶しくて仕方がないので、すぐにMacに再起動しちゃいます。
Macユーザの身びいきかもしれませんが、断然Macの方が、OSの使い勝手良く分かりやすく使いやすい。
Macに触っていると自分のペットに触れているような心地よさがあります。
それにiPhoneを完全に使いこなすには、Macは欠かせないと思いますよ。
というか、iPhoneはMacの小型版ですからね。
そうなるともうMacを始めとするApple製品は、生活の一部であり毎日の生活がApple-Styleになることでしょう。
そしてドップリと心地よいAppleの世界にハマってしまします。
でもね~ 人間そうやってぬるま湯に浸かっていると堕落してしまうんですよね。
そっか、ぬるま湯に浸かっているMacユーザをWindowsでビシビシと鍛えるためのBootCamp(新兵訓練所)なのかもしれませんね。

 - Appleを語る