単身赴任のMac事情その1

   

田舎の単身赴任生活となって早1カ月が過ぎました。
今までとは、生活のリズムも変わってきて、Macやインターネット生活などもずいぶんと変化しました。
今までは都会生活だったので、仕事が終わった後は度々夜の街へJazzのライブを聴きに行ったり、飲みに行ったりしていたのですが、現在では周りに居酒屋1つ無い生活。。。
夜が長いのです。(T^T)
まぁ、お金を使わなくて良いのですが、帰ってきてダラダラとテレビを見る気にもなれず、TSUTAYAのDVDレンタルをお試しで申し込みました。
なんせ、周り(車で30分圏内)にレンタルDVDも無いのですから、田舎ほどこういうインターネットサービスはありがたい。
今頃気がついたのですが、返却のためだけに行くそのDVDレンタル店へ行く必要もないし(車の燃料代がもったいない)、何より店舗型のDVDレンタル店では、店の面積の問題でそうそう品数を揃えていないので、私のように流行の映画より古いJazz関係の映画を見たい者にとっては尚更ありがたいのです。


DVDの鑑賞する環境は、音響まわりについては、真空管アンプ等で固めてあるのでバッチリなのですが、肝心のテレビが貧弱。
持っているテレビは、7~8年ぐらい前に買った13インチの液晶テレビのみ。
(今考えると嘘のようですが、当時はそのサイズの液晶テレビでも5万円しました。)
今使っているPowerBookG4の15インチワイド画面の方が、遙かに大きい。。。
そんなわけで、ちょっと大きめのテレビが欲しいな~っと思っていろいろ物色していました。
しかし、テレビを買っても普段からそんなに見ないし、おまけにここは未だに地デジ×の地域なので現在のアナログテレビで十分。
それに、そんなに荷物を増やすと次の引っ越しの時に大変。
そこで、DVDプレイヤー等が繋げるPC用24型のワイドディスプレイ
を買いました。
これだったら、地デジが開通になった時にも後からデジタルチューナーを買ってHDMI端子で接続できるし一石二鳥です。
まぁ、テレビとしては小さいでしょうが、単身赴任生活だしPCのディスプレイとしては、十分な大きさなので良いんではないかと・・・
そろそろIntelMacが欲しいんですが、自宅と行ったり来たりすることを考えると、どうしてもMacはノート型になってしまいます。
お財布の事情からすると、MacBook Proはとうてい無理で、MacBookがやっとです。
しか~し、MacBookの欠点はディスプレイが小さいこと。
老眼が来ている私には、常時13インチの環境は辛いものがありますからね。
それにしても、液晶ディスプレイは安くなりましたね。。。
テレビにしても、今回のディスプレイにしても。
自宅のブラウン管テレビもそろそろでっかい液晶テレビに買い換えませんかね~?>嫁さん

 - Appleな日常