売れ筋PC NEC LaVie L LL750/CD 15inch V.S 新型iBookG4 14inch

   

ハード関係はあまり詳しくないのですが、この機会に価格面&性能面でライバルとなりそうな NEC LaVie L LL750/CD 15inch(平均販売価格:¥153,693 ITmedia Shopping価格比較)と新型iBookG4 14インチSuperDrive(AppleStore価格:¥149,800)を性能比較してみました。
※NEC LaVie L LL750/CD は、楽天Shoppingで今月(7月)第一週の売り上げ1位



LaVie.jpeg
NEC LaVie L LL750/CD 15inchの性能(以下、LaVie)


iBookG4の性能

まずCPU

LaVieのCPU:Celeron M プロセッサ 350J (1.30GHz)
iBookG4:1.42GHz PowerPC G4
これは、PPCG4の勝ちだな。

2次キャッシュ

LaVie:1,024KB(CPU内蔵)
iBookG4:512K/1.42GHz
これは、LaVieの勝ちなのかな?

メインメモリ

LaVie:512MB(DDR SDRAM/On Board 256MB)
iBookG4:512MB PC2700(333MHz)
これは、引き分けと言いたいところですが、LaVieの方が最大2.25GBまで搭載できるということなので、僅差でLaVieの勝ち

HDD

どちらも80GBということで引き分け。
LaVieの方は、回転数が記載されていませんが、4200rpmでしょう。

グラフィックアクセラレータ

LaVie:ATI社製 RADEON XPRESS 200Mに内蔵 標準32MB
iBookG4:ATI Mobility Radeon 9550(32MB DDR SDRAM)
同じATI Radeon 製を搭載していますね。
チップの性能の違いが私には分からないので取りあえず引き分け・・・(^^ゞ
大手メーカーのWindows機にしては、ちゃんとグラフィックアクセラレーターを積んでいるだけLaVieが優秀ということか・・・

CD/DVDドライブ

LaVie:DVDスーパーマルチドライブ(DVD-RAM/R/RW with DVD+R/RW)内蔵[DVD+R 2層書込み]
iBookG4:スロットローディング方式Super Drive(DVD±RW/CD-RW両用)
2層DVD+RということでLaVieに軍配

インターフェイス

これは、もう種類の多さでLaVieの圧勝。
PCカードやメモリーカードスロットル、USB2等いろいろ取りそろえています。
Macでは不要な、FloppyDiscDriveもあるし・・・

バッテリー駆動時間

LaVie:標準 約1.1時間
iBookG4:最長6時間駆動可能
なっ!なんだこの差は!連邦軍の新兵器は化け物か!
カタログデータなので、お互い目一杯見栄を張っているのでしょうが、LaVieは、モバイル機としての要件を満たしていないではないですか!
こんなに短いとは知らなかった・・・
私のPowerBookG4でも光学Driveを使わなければ3時間は持つぞ!
よって、iBookG4圧勝


性能的には互角かLaVieの方が少々勝っているように見えますが、ノート型=モバイル機として見た場合、iBookG4は、バッテリー駆動時間だけで勝負できるほどの性能を持っています。
(実際私もiBookG3(Dual USB)を使っていましたが、バッテリー駆動時間に関しては不満はありませんでした)
このバッテリー駆動時間は、他の売れ筋PCを見ても似たり寄ったりでした。
というか、没個性。
どちらを購入するかはハード面だけを見れば用途の違いなのでしょうか?
モバイル機としてノート型PCを使うか、省スペースのオールインワンデスクトップ型PCとして使うか・・・
私は、省スペース型であればMacminiを買いますけどね。(笑)
Macmini
iBook G4 14インチ

 - Appleを語る