安全なパスワードとは?

   

Personal Computerを使っていると、どこへ接続するのもパスワードを要求されます。
ユーザログインに始まって、Yahoo!のアカウントやブログサイトへの接続等々、どこへ入るのにもパスワードが必要ですよね。
セキュリティーの基本中の基本です。
AllAboutの記事:パスワード認証 パスワードのつけ方と管理によると安全なパスワードの設定と管理というのは、

「できるだけ長い」「大文字と数字と記号が入り交じった」「無意味で」「サイトごとにすべて違う」パスワードを「定期的に変更し」しかも「頭の中だけにしまっておく」

ということだそうですが、これだけの条件を満たすことは、筆者の方同様私にもできません。(笑)
前述の記事にも少しでも安全で忘れにくいパスワードの作り方のヒントが書かれていましたが、私なりに考えてみました。


1、好きな格言や座右の銘を使う
例えば、「Think Different .」「Stay Hungry. Stay Foolish」の最初の文字(赤字)だけを並べてみると「TdShSf」6文字の意味不明の文字列ができました。
2、月の数字を入れる
4月なら「04」5月なら「05」という数字を1で作った文字列に組み合わせます。
例:04TdShSf
こうしておけば、パスワードを定期的に変更することができます。
3、記号を入れる
2で作った月の数字を必ず "[ ]"で囲むとか、数字と文字列の間に"_"(アンダーバー)を入れるとかしてみてはどうでしょう。
例:04_TdShSf
4、サイトで使い分ける
サイト名等の頭文字をとったり、URLの先頭の部分を入れる。
Yahoo!の場合だと、
例:04_TdShSf[y]
こういう風に自分なりのルールを決めてパスワードを作成すると、ある程度忘れにくくて安全なパスワードが作れるのかもしれません。
もし、他にもアイデアがあれば教えてくださいませ。
少なくともポストイットで貼り付けたり、同じパスワードを使い回すよりも安全だと思います。


Macには、「システム環境設定...」→「アカウント」を設定するところで、「鍵」のマークをクリックすると、「パスワードアシスタント」が起動して「新しいパスワード」に入力したパスワードが安全かどうか判定してくれますので参考にしてみてください。

パスワードアシスタント

 - Mac・iPhone・iPad入門