家族でTwitter生活

   

中三娘の塾代が嵩むのでお小遣いが2割カットのMetalです。(T^T)
ご存じ単身赴任中の私ですが、先月自宅へ帰省した時に家族分のTwitterアカウントを取得して、家族内だけで始めました。
嫁さんはiPhone 4で、長女(中三)はリビングに置いてあるMac mini、次女はiPadderなのでiPad2で。
家族それぞれ、Twitterを使う環境は異なります。


最初は、活用してくれるかな?っと心配だったのですが、始めて見ると案外チビ達はすんなり溶け込めたようで、ポツポツとツイートしてくれています。
長女は、来年高校受験の合格したら演劇部に入りたいとか、明日転校生が来るとか日常や考えていることなど。
次女は、iPad 2で写真を撮ってSnapeeeにアップした画像をTwitterのTimeLineに流したり、絵文字を使って思いっきりはしゃいでみたりと、一番楽しんでいる様子。(^^ゞ
一方、こういうことに疎い嫁さんには、家族全員で見ることが出来るメールみたいなものだと解説しておきました。
最近はボチボチ毎日の予定を教えてくれたり、チビ達のツイートに@を送って会話に参加するようになりました。
最初は、今年3月の東北関東大震災の時に電話や携帯メールの混乱が続く中、TwitterやViberといったIP系の連絡網が生きていたと聞いて、非常時の連絡手段を兼ねて家族で始めたTwitterですが、家族のコミュニケーション手段としても役立っているようです。
もちろん、家族とは会った時に話をするのが一番に良いのは解っているのですが、長女は受験で遅くまで塾通い。
次女はクラブが忙しくて、帰省した時も家を空けることが多いので、帰省した時もじっくり話す時間が取れません。
こういった隙間時間で出来るちょっとしたコミュニケーションも方法の1つかなと思います。
毎日一言ずつでもTwitterを通じて会話できるのは楽しいものですね。^_^

* * * * * * *

家族と言えど個人の集まり、普段のコミュニケーションの積み重ねが大切のような気がします。
まして、チビ達は思春期の微妙なお年頃。
面と向かって話すのはなかなかできなくても、ポロポロとこぼれ落ちるツイートを拾い集めていけば彼女たちが考えていることが少なからず理解できるかもしれません。(嫁さん含む)
あ、忘れてた。
もう1人?家族がいました。
奴も結構楽しんでいるようです。(笑)

お茶目なりゅう太

 - Appleな日常