居酒屋林囓 -いとしのMacBook Air-

   

のれん
何やおにいちゃん!
いきなりFaceTimeでおじさんのMacに電話かけてきて!
※Wi-Fi環境下のiPhoneはFaceTimeを使ってFaceTime.appをインストールしたMacと直接ビデオチャットができます。
突然おにいちゃんの顔のどアップがモニターに映ったらビックリするやないか!
せっかくええ画像見つけて喜んどったのに。
どんな画像かって?
それは個人情報やから言えん!
それで? 今日呼び出した訳はなんや!
あ!またそんな可愛い子連れて、自慢しようと思うて、いったい何人目?、、、
ててて!イキナリ足踏むなや。
今晩は!あさ美ちゃんて言うのかいな。
おじさんそのキュートな唇に惚れてしもた。。。っててて。
おれの唇は引っ張らんでええがな。
お!MacBook Airやないか!
買うたんかおにいちゃん!
え?13インチモデルが整備品で安く売っとったから衝動買いしたって?
お〜! よう買ったな〜
何でもええけど どや顔は止め!


まあお祝いにいっぱい行こか?
酒は、元坂酒造の「心眼」(こころめ)とゆう酒や。

心眼
画像は、【楽天市場】心眼 (こころめ)純米無濾過生原酒中取り 21BY 限定流通酒】 三重県大台 元坂酒造1800ml:奥志摩の酒商人べんのやから拝借。
しっかり、どっしりとした重量感のあるええ酒や。
ある意味MacBook Airとは正反対の酒やな。
なに?あさ美ちゃん。
みんながMacBook Airがええっていうけど、どこがそんなに売れる魅力なのかって?
ええ質問やなぁ。
人によって考えや想いは違うかもしれんが、おじさんはこう思う。
おんなじような11インチや13インチのノートPCは前からある。
もちろんネットBOOKやのうてMacBook Airと同じような性能のもんもあるかもしれん。
やけど今回のMacBook Airの売れる理由には、iPadの功績が大きいと思う。
イベントでAppleから発表のあった技術的なものはもちろん、MacBook Airの登場を盛り上げるにもiPadが貢献しとるんやないかと思うんや。
春先にiPadを出したことによって、Appleファンは、こんなに「薄ぅ〜て、軽い」Macがあったらな〜 という気持ちになる。
そう思て、みんな iPadにワイヤレスキーボードをつないでみたけども、なんか物足らん。
同じようには使えそうやけど、やっぱりMacとiPadでは、元の考え方がまるで違うから、Macと同じように使おうとしても不満が出る訳や。
ある程度iPadも行き渡って、みんなの期待が高まったこの時期にMacBook Airの登場や。
いろんな憶測が飛び交っておっただけに、インパクトも十分。
例えて言うなれば、ジグソーパズルを思い浮かべたらええ。
iPhone、iPadと続くうちに、Appleファンはその先にあるモバイルノートに眼が行く訳や。
次はこのピースやないか?と待ち望んだのがMacBook Airという訳や。
まぁホントにAppleがそこまで計算しとったのかどうかは謎やけどな。
Appleの罪作りなところは、そうやって人の気持ちをある意味弄んでも喜ばれるところやないかな?
そうそう、あさ美ちゃん、ええこと言うがな。
どうせ騙すんやったら、上手に騙してねってとこや。
おじさんも若い頃よう言われた。
もちろんAppleお得意のデザインの良さもあるし、iPadの技術をフィードバックした考え方も素晴らしい。
最新のCPUや性能やないけど、こんなにええもんが作れるんやぞ!っとAppleが教えてくれたような気がするな〜
でもおじさんが一番驚いたんは、PowerBookG4 12inchが無くなった時。
あんなに12inch PowerBookの復活を望む声が多かった時にもかかわらず同サイズのMacをAppleは出さんかった。
やから、11inchのAirが発表された時は、本当にビックリしたわ。
あ、それともう一つビックリしたのはなぁ〜
おにいちゃんのMacBook Airや。
おにいちゃん知っとって買うたんか?
え?やあらへんがな。
それ旧型やで
やっぱり気がついてなかったんかいな。
整備済み品は、型落ちの物も売るからちゃんと調べやなあかんがな。
な、ここに2009年6月発売モデルって書いてあるやろ。

旧Air
新型MacBook Airを見せたる。
ほれ!
な、USBも2つ付いとるし・・・
あら?おにいちゃんがフリーズしてしもたがな。
今のMacにしては珍しい。
女将! 支払いはおにいちゃんな!
あさ美ちゃん、2人で美味しいワインでもどうや?
なにいうとんのや、騙したりせえへんがな。
おじさんに付いてきたらええ夢魅せてあげる。
Appleのようにな。
え?でもお金がかかりそうってか?
まぁ少々な。
え?この「心眼」のラベルの裏には何が書いてあるのかって?
まぁ、整備済製品はよう調べてから買いなさいってことや。
ほな行くで!

赤い風が吹いたら赤になる。青い風が吹いたら青になる。そんな人が多いですな今は。
世間の評判、他人の価値観、そんなもんどうでもよろしいですがな。
心の眼をしっかりと見開いて、自分をしっかり持たなあきまへんで。
心の眼、それは感性や思います。
周囲に惑わせれんような心の眼で物を見る人が増えて欲しいと思うてますねん。
そんな思いで「こころめ」と名付けさせてもろたんですわ。
感性で味わう酒、どうかよろしゅう。

元坂酒造(株)「特別純米酒 心眼」のラベルから引用
元坂酒造のホームページ


う〜ん 可愛い













 - 居酒屋 林囓