居酒屋林囓 -iPadの魔力 後編-

   


のれん
確かに、iPadでPersonal Computerと同じ事をしよと思たら物足らんところもある。
入力もソフトウエアキーボードやからブラインドタッチできへんしな。
やけどな、元々Personal Computerとは役割が違うんや。
Personal Computerと同じ事ができんでも、さっき言うたようにPersonal Computerよりもええところもある。
人との付き合い方と同じで、これからはiPhoneならiPhoneと、iPadならiPadとの、使う方もこれまでのPersonal Computerとは違た付き合い方をしていけばええと思うけどな。
iPadはシングルタスクやから使いにくいと感じとる人もおるみたいやな。
おじさんも最初そう感じとったけど、ちょっと見方を変えれば欠点が長所にもなるんや。
iPadは1つのソフトを開いたら、その専用機になるとこや。
つまり、使う方が「楽器にしよ」と思たら楽器になるし、「デジタルフォトフレームにしよ」とか「電子書籍リーダー」にしよと思たらそうなる。
使う方がきちんと向き合えばそれに答えてくれるのがiPadや。


せっかくAppleが面白いもん作ってくれたんや。
その世界を楽しもうや。
あ、リサちゃん、トイレか?そこを真っ直ぐ行ったところや。
おにいちゃん、ええ具合にリサちゃんが席立ったからこのアプリを見せたるわ。



iうるる
i うるる - ROHTO Pharmaceutical Co.,Ltd.iうるる

このアプリはロート製薬がPR用に無料で配布しとるアプリなんやけどこれがようできとるんや。
このアプリのモデルさん、リサちゃんそっくりやろ。
アプリ自体は、このこに目薬を差してあげるだけの単純なもんなんやけど。
動きのムービーがとってもリアルで、いろんな言葉で話しかけてくれるんや。



クリスマスの時なんか、おじさん独りぼっちやったけど一緒に祝ってくれて癒されたわ。


目薬を差さん日があったりすると「毎日差してよ〜」ってすねたりしてな。
可愛いぞ〜


それも何パターンもあって一度表示されたムービーは何回でも見直すことができるんや。
な!思わずにやけるやろ。








おにいちゃん!いい加減にしたらどうや!
他の女性を見つめて、にやけとったらリサちゃんに失礼やろ!
リサちゃん。怒るのは解るけど、堪忍したって、おにいちゃんがどうしてもこのアプリをやってみたいって言うんで、おじさん仕方なくダウンロードしたんや。
このおじさんが悪かったんや。
え?もう帰るって!?
それやったら、おじさんが気分直しに楽しい所へ連れてってあげるわ。
やから機嫌直して。
おにいちゃん!
そのiPad今晩貸したるから、ここの勘定頼んだで!
おにいちゃんはその晩、iPadの吏紗ちゃんに添い寝してもらって、心が慰められたとさ。
めでたしめでたし。



滝元吏沙オフィシャルblog












 - 居酒屋 林囓