折り紙に習ったiPadスタンド機能付きiPadカバー ~IPEVO KA-01 Origami Folio~

   

IPEVO KA-01 Origami Folio

iPadなどの周辺機器を販売するIPEVOさんに、スタンド機能付きiPadカバー"IPEVO KA-01 Origami Folio"(以下、Origamiカバー)をレビューする機会をいただきましたので、早速使った感想を記事にしてみました。
私は、最初製品名のOrigamiという名前に興味を持ちました。
実は、日本の折り紙は、海外では根強い人気がありブームとなっているからです。
実際、YouTubeにも、チュートリアルビデオがいくつもありますし、Origamiの解説本も数多く出版され、人気の高さが窺えます。


Wikipediaによりますと、折り紙の起源はいろんな説があるようですが、日本とヨーロッパを起源とし、紙ナプキンなどもその一種だとか、以下Wikipedia折り紙から抜粋
現在では日本語の「折り紙」という言葉が世界に浸透しており、欧米をはじめ多くの国で「origami」という言葉が通用する。現代の折り紙は日本やヨーロッパを起源とするものである。

実際にこのOrigamiカバーを使ってみると、4つの特徴に気が付きました。
1、軽い
軽いんです

マイクロファイバー製でわずか136g 軽いんです。
宅配で、Amazonの箱が届いた時、中味が入っていないんじゃないかと思いました。
それくらい軽いです。
Apple純正ポリウレタンカバーが、259グラムとのことですから、約半分近くの重さしかありません。
2、強い
要所要所に補強材が入っていて見た目よりしっかりしています。
また純正のカバー同様、蓋の部分にマグネットが付いているのでパチッと蓋ができて、すぐにスリープ状態になります。
密かに骨があります

折り紙の様に折ることによって形を作り、薄い紙のような素材に強度を持たせています。
折ると強くなります

この発想が折り紙そのもの。
揉み揉み

この通り強めにグリップしても凹む事はありません。
鷲づかみ

片手で持ち運べます。
もう貴女の心を鷲づかみw
3、角度がいい
立てた状態だとApple純正カバーより角度が緩やかになっています。
好みや座高の違いもあるのでしょうが、私の場合、立てて机に置いた状態では画面が下向き過ぎていて、しっくり来ませんでした。
純正カバーと比べてみました。
縦置き

立てた状態でツンツンしても倒れにくく安定感があります。
もし倒れても背面までカバー覆われているので安心です。
横置き

背面

4、オシャレ カワイイ
なんといっても、スウェードのような気持ち良い肌触りと作りの上品さが最大の特徴だと思います。
撫でているだけで気持ちが良い。
彼女へのプレゼントにいかが?

* * * * * * *

Facebookに画像をUpしたところ、友人の女性の方から、「ピンクかわいい!」というコメントをもらった。^_^
とかく男性は、機能性や使い勝手ばかりを追い求めて、無骨なモノを求めがちですが、この「かわいい」とか「オシャレ」とかも女性から見れば、重要な判断要素。
持っている人の人柄を表す重要な要素なのでしょう。
機能性とファッション性を兼ね備えた珍しいiPadカバーだと思いますよ。
iPadと日本の文化の融合したこのOrigamiカバー、なんだかとても嬉しかったです。^_^



参考記事:あえてiPadを据え置くという使い方 ~IPEVO Perch ~


 - iPadの話