探して楽しいiPhoneマップ

   

先日、iPhoneはオモチャみたいなもんだと書きましたが、とっても実用的なオモチャです。
このマップの良いところは、Googleマップと連携して、自分の位置情報やキーワードで検索した情報を収集できるところ。
しかも、Googleマップを使うよりもずっと楽しい。

jazz in lovely
このように、キーワードを入力すると、空からパタパタパタっと巨大なピンが飛んできて地面に刺さります。
何だか危険なような気もします・・・(笑)

bevappの場所
私の行きつけのよく行くジャズバー BeVappもこのとおり。
しかし、iPhoneのマップが便利なのはこの先。
右の青い矢印に触れると、詳細情報を表示してくれます。



bevapp.jpg
お~ 私が作ったサイトが登録されています。(T^T)
当たり前といえば当たり前ですが、何だか感慨深い(笑)
これをサクッと「新規連絡先」へ追加できます。
これって知らない土地へ出張したり、引っ越ししたての頃なんかは重宝するでしょうね。
私は転勤族で、Googleマップとか便利なモノができる前は、知らない街へ引っ越す度にその土地の市街地図を買って、道とか、お店とかをチェックしていました。
携帯電話の位置情報でも、同じようなことができるのでしょうが、これだけ大きな画面だととっても見やすいです。
特に私のような老眼が入ってきたモノにとっては、特にありがたい。
この前も、旅行者の方に携帯電話に登録した地図を見せられて、道を尋ねられたのですが、地図が小さすぎて、さっぱり解りませんでした。_l ̄l○


こうやって、出先などでも便利に使えるのですが、自宅にいる時でもGoogleマップよりも、iPhoneのマップで調べるようになってしまいました。
だって使っていて楽しいんですよ。
そして、使っていて楽しいと、ついつい使いたくなる。
そうすると、自分の街を再発見できて、住んでいるのが楽しくなるかも。
Macの画面にしても同じ。
アニメーションとかウィンドウに立体感があって、使っていて、見ていて便利だし楽しいのですよね。
そういうアニメーションやエフェクトも、「メモリを喰うだけで無駄だ」と思う人がいるかもしれませんが・・・
それが美学というモノなのです。(笑)

 - iPhoneの話