星に願いを

   

1年くらいトランペット等の話を書いていなかったのですが、ちゃんと続けています。
定年退職デビューの夢は諦めていません。(笑)
約1年間ヤ○ハのトランペット教室へ通っていました。
しかし、転勤で続けられなくなり、こちらで同じような教室を探したのですが、仕事の都合等で通えるような所がありません。
そこで、思い切って市民ウィンドアンサンブルのグループに入って実践で勉強することにしました。
※ウィンドアンサンブルとは、正式な定義はないのですが、主に管楽器を主体として演奏される音楽の総称。
詳しくは→ウィキペディア(Wikipedia):吹奏楽
演奏するレパートリーは、ポップスからクラシック、ジャズまでいろいろです。
一番最初に参加した日は、発表会まで1か月しかないとのことで、パート譜を渡されて、プレイヤー10数名の内、トランペットパートの一員としていきなり通しでの合奏が始まりました。


発表会の曲目は5曲。
発表会までの練習日は、その日を入れて3回。
こちらはアンサンブル(合奏)なんてやったことないので、パート譜を見るのは生まれて初めて。
スコア(総譜が無いので、どこで、入って良いのかわかんない。
初見で演奏しろと言われても、「お代官様そんなご無体な~」。
まぁ、テンポがとっても遅い、よく知っている曲が2曲ほどあったので、それはなんとか付いていきましたが、他の3曲は口パク(くちぱく)ならぬ吹き真似状態。(^^ゞ
入るタイミングを計っていると、出番がいつの間にか終わっているし、何処へリピートするのか解らなくなって、迷子になるし。(笑)
そんな状態なので、私としては、発表会が終わってから本格的に参加させて貰うつもりだったのですが、2回目の練習時、雰囲気的に私も参加することになっている様子。( ・_・;)
もう泣きそうでした。
急遽持っていたiPhone3GRecorder Proiconで練習演奏を録音して持ち帰り、Macへ転送。
QuickTimeProで編集してカラオケを作成、ステレオで再生しながら練習しました。
昼休みは、iPhoneでカラオケを聴きながら譜読みの毎日。
そんなバタバタの状態でしたが、ドキドキの発表会は音を外しまくって他のメンバーの方達にはご迷惑をおかけしながら、何とか落ちることなく最後まで演奏に付いていくことができましたよ。
(^_^)v
演奏中は「こんなド素人をステージに上げる方が悪いんだ!」と半分ヤケ。(笑)


しかし、急遽思いついてiPhoneを自分の足下に置き録音したのですが、案外綺麗に取れていました。
本番も録音しましたが、モノラルながらなかなかの音質です。
iPhoneユーザで良かった~
と実感した出来事でした。
また、最初は無理だと思っても、頑張ればなんとかなるもんだ!
と思えるできごとでもありました。
よしんば何とかならなくても、目標に向かって頑張った事は、自分の中に残るのだから、その経験は絶対自分の財産になるはずです。
そういえば、昨夜は七夕でしたね。
演奏した曲目の中に、星に願いをiconがありました。
よい子のみんなはお星様にいっぱいお願い事をしたかな?
私ですか?
私も、いつの日かデビューできる日を夢見て独り夜空に向かって星に願いをを演奏しようと思ったのですが・・・
近所迷惑なので止めておきました。
曇ってて星も見えないし・・・(笑)

スケール
デビューは遠い _l ̄l○

 - iPhoneの話