映画 ひみつのアッコちゃん

   

遅い夏休み中のMetalです。


いや〜、ここ数日で観た3本の映画の中では、一番面白かったです。
コメディータッチでワハハっと笑え(綾瀬はるかが観れ)さえすればいいや。
という軽い気持ちで映画館へ行きました。
(実際笑った)
ところがオリジナルストーリーの脚本が、思いの外しっかりしていて、なかなか楽しめた。
(改めて脚本家を見ると3人の共作、複眼の映像だったのか?)


この映画の主演は、綾瀬はるかにしかできないでしょう。
いや、綾瀬はるかによる、綾瀬はるかのための映画のような気がします。
あの天然ボケぐあい、最強ですw
(ひょっとしたら演技してないかも)
物語を簡単に紹介すると。
子供の頃は、大人の世界に憧れるもの。
そんな大人の世界に憧れる小学生のアッコちゃんが、ひょんな事ことから手に入れた魔法のコンパクト。
これまたひょんな事から化粧品会社にアルバイトとして雇われるものの、会社内の抗争巻き込まれ...
大人の世界に戸惑いながらも、持ち前の頑張りに加え、コンパクトを使って大活躍!
そんなストーリーです。
劇中、アッコちゃんが、アルバイト先の前社長(大杉漣)に変身するのですが、女性言葉を話す大杉さんの演技。
可愛くて思わず吹き出しそうになりました。(笑)


この作品、作り手の言いたい事がストレートに伝わってきて、とても好感が持てました。
「人間生きてく上で大切な事は全て小学生のうちに習っている」
そうですよね。大切なことはとてもシンプルなんですよ。
それが何故かできなくなるのが大人の世界。
この映画、スティーブ・ジョブズ氏の本を読んでるんじゃないでしょうか?
潰れかけて、身売り寸前の会社を建て直すところなんかは、Apple再生時にも似てます。

* * * * * * *

最初から最後まで、綾瀬はるかの天然ぼけ&可愛さ満載の映画。
ラストも微笑ましいハッピーエンド。
きっと女性にも好感を持ってもらえると思うので、デートでもご家族でもオススメです。
でも、一番観て欲しいのが、我々のような職場のしがらみなどで、意欲があってもやりたい仕事ができない中高年のおじさんたちかも。
映画館を出る時には、いろんな意味でちょっぴり元気になれました。
いや〜、やっぱりでかい!綾瀬はるか。
目ん玉ね。うん。
それにしても、今日2本映画を観たんですが、もう一本の方にも綾瀬はるかが出てた。どんだけ売れてるんだか...嬉しいけど(笑)



 - 映画大好き^_^