消えるiPhone iPadのホームボタン

   

前々から思っていたんです。
iPhoneやiPadのホームボタンが無くなるんじゃないかって。
最近、あちこちでも話題に上っている「iOS 5 beta 3の新ジェスチャー機能 『AssistiveTouch』」


これで、確定のような気がします。
最初にそう思ったのは、ちょっと前に話題になったiPadの開発者向けジェスチャーコントロール。
iiPhone+iPad FAN (^_^)v: iOS 5 先取り!! マルチタッチジェスチャーを試す。
開発者向けのXcodeを導入すると、四本指でシュッと画面をつまむアクションでホームボタンをタップした時のようにホームへ戻ったり、上に擦りあげるとホームボタンのダブルタップと同じく起動中のアプリが現れるあれです。
参考記事:もっと知りたいリンゴあれこれ:iPad 2でマルチタスク用ジェスチャーが使いた~い(`・ω・´)=3〈設定編〉


私もiPadに導入していますが、とっても便利。
画面に触れたままアプリを切り替えたり、ホーム画面に戻ったり。
iPadは使っていると時々どっちが上だったか下だったかが判らなくなることがあります。
特にiPadと一緒にお風呂へ入っている時など、カバーをかぶっているので目で見てホームボタンが判りにくく、指で上と下を押してみてようやくたどり着くという次第でした。
記事を読んだり文章を書いたりしている時は、その事に集中していたいので、出来るだけ余分な事は考えたくない。
そんな時に、ホームボタンを探す作業があると、思考を中断されるので何だか心地よくなかったのです。


ホームボタンを無くしたい理由はまだあります。
故障が多いこと。
参考記事:iPhone4ホームボタンの故障
やはり、弱点とも言えるホームボタンはない方が良い。
無くせば同じ面積の筐体で画面を大きくできるのは大きいメリットになります。
今のホームボタンの役割は、タップでホームに戻る。ダブルタップでアプリ切り替え程度で、前述のジェスチャーで十分まかなえる範囲だと思います。
え?スクリーンショットや再起動はどうするのかって?
まぁ、Appleがうまいこと考えるでしょう。(^^ゞ
しかし、私は冒頭の『AssistiveTouch』は、デフォルトで導入してこないと思います。
あくまでも「Assistive」(補助的)、隠し機能的存在で、メインではもっと単純なアクションになるでしょう。
動画を見ていると結構多機能なので、初めてiPhoneを使う人は混乱するんじゃないかな〜?
それに、今までワンアクションでできていた(例えば音量変更)などの機能が、全部これにしてしまうと、2アクション以上かかってしまってかえって煩わしい。
それを検証するためのβ版でしょうし...


もうすぐ出る予定のLionの操作がApple Magic Trackpadによるジェスチャー機能へ移行するように、触ることでPersonal Computerなどを操作する時代がやってきました。
私のとってMaciPhoneiPadは、ペットのようなもの。
触れて意志を伝えることが出来るようになるのが何だか嬉しいですね。
人間社会でも、スキンシップは大切なもの。
しかし、りゅう太の食事中は手出し厳禁です。
餌を取られると思って、怒ります (T^T)
だからお前の餌は取らないってば...
ryutaesa
Instagram:久しぶりのりゅう太

 - Appleを語る