生活の中のApple

   

このblogのタイトルをちょっと変えました。
「Switch time to Mac !」→「A Life with Apple」
記事の内容もMacよりも他のApple製品などの話題も多くなってましたし、時勢も無理矢理Macを宣伝しなくても認知されてきたようですしね。
ちょっと肩に力を抜いたタイトルにしたいと思ったのです。
まぁ、記事の内容はそうそう変わりませんので、これからも引き続きご愛顧をお願いいたします。m(__)m
では本題。


最近、本格的に自炊の生活を始めました。
単身赴任なので、これまでは外食率も高く、食べに行くとビールを飲んでしまったりと、何かと不経済&身体に悪い生活でした。
最近、ますます元気が良くなって、いろんな製品を出してくるApple。
AppStore
iconを見ていると、何かと便利そうなアプリや、面白そうなゲームが目白押し。
結構資金が必要です。
そこで、外食は週に一度くらいにして、基本的に朝・昼・晩自炊することにしました。
それまでは、スパゲティーやら野菜炒めなどはちょこちょこと作っていたのですが、本格的な揚げ物やフライ物は、独り暮らしのせいもあり、面倒だと思っていました。
しかし、やってみると結構楽しい。
私が自炊生活を始める切っ掛けになったのは、iPhoneのアプリ。
クックパッド - COOKPAD Inc.」です。

クックパッド
このアプリがあると、料理が身近になります。
例えば、先日は、スーパーで買い物中「ゴーヤ」が売っていました。
私は、ゴーヤが大好きなので、iPhoneでゴーヤチャンプルのレシピを検索。
簡単に作れそうで、且つ美味しそうなレシピを見つけたら、メールで送信。
私の場合は、後でクリップしやすいように、「Evernote」のメールアドレスへ送信しています。

Evernote
その他の材料などを買って帰宅。
今度は主役がiPadへ。
iPadを台所へ持ち込んで、調理する手順をざっと確認、材料や調味料を用意してから調理にかかります。
作って美味しかった料理は、そのままEvernoteにクリップしておくと次回作る時に便利です。
ちょっとした空き時間などに、クックパッドappで「今夜は何を作ろうか?」なんてチェックするのも楽しいですよ。
こうして、少しずつレパートリーを増やしていくと、知らず知らずのうちにレシピ本ができあがります。


自炊を始めて感じたこと。
レシピどおりに作ってみると、その辺の食堂で出している味とそう変わらない美味しい料理ができあがります。
そりゃぁ、高級レストランのような味は無理ですが、そこそこ美味しい物を食べることができますよ。
独り暮らしの方は、「食べるラー油」や「トマトソース」などを作っておくと、保存が利いて便利です。
特に、「トマトソース」は簡単で、ホールトマトの缶詰を買ってきて、タマネギとニンニク少々をみじん切りにして煮込むだけでできあがります。
市販されているレトルトのトマトソースよりも確実に美味しいですよ。
興味のある方は、クックパッドで検索してみてください。
こうやって、料理することが習慣になってしまうと、美味しい物を食べることができて、しかも節約できる。
それと、これが重要なのですが、パートナーに喜んでもらえます。(*^_^*)
女性はもちろん、男性もね。
え〜この辺の話は、ここではなんなので、Twitterで私をフォローしてくれたら秘訣を教えます。(笑)
これからも、こんな風にAppleと共に、人生を楽しく豊にしたいと思っています。

 - Appleを語る