祝掲載! yukky@MacLog -Macなブロガーの素顔-

   

10月1日に開催されたAUGM名古屋の2次会で同席させて戴いたり、先月の伊勢志摩Appleユーザー会にもわざわざ名古屋から伊勢市の会場へ来て戴いたりと、いつもお世話になっているyukkyさんのblog、yukky@MacLogが雑誌MacFan(224ページ)で紹介されました。

yukky

Macなブロガーの素顔というコーナーで、毎月Mac関係の記事を書いているblogを紹介しています。
AUGM東京直前に発売された10月号では、同AUGMの際にご一緒させて戴いたもっと知りたいリンゴあれこれのユコびんが紹介されています。
もっと知りたいリンゴあれこれ:本日発売のMac Fan 10月号の「Macなブロガーの素顔」に"リンあれ"が掲載されています


こうやって懇意にさせて戴いているブロガーさん達が紹介されるのは、自分の事のように嬉しいです。^_^
掲載されたからといって、急激にアクセスが伸びる訳ではありませんが(私の場合)、雑誌に取り上げて貰うと言うことはやはり1つのステイタスであり、これまでの活動が認められたということです。
blogでもなんでもそうだと思いますが、趣味のものって始めるのは簡単ですが、継続するのが難しいです。
私も6年以上blogを書いていますが、途中何度も挫折しかかりましたし、実際に数ヶ月休んだこともあります。
理由はいろいろですが、人間って同じようなことを続けていると「これでいいんだろうか?」とか「こんなんじゃ読む人がつまらないと思うんじゃないんだろうか?」とか独りで悶々と考えてしまいます。
私を含め、通常ブロガーは独りで作業をします。
編集や、構成を担当してくれる人はいません。
独りで企画して、独りで資料を集めて、独りで記事を書きます。
なので、記事に間違いがあったり、歯止めが利かなくなってついつい後ろ向きな感情が出てしまう時があります。
しかし、それは書いているのが人間であればこそだと私は思っています。
ノリノリで書いた記事もあれば、何とか書き上げた苦しい記事もあります。
読む方にしたら、「そんなの関係ない」のかもしれませんが、自分の読んでいるblogがいつもと違って大変そうだなっと感じたら、気軽にコメントなどを投稿してください。
それだけで、ブロガーの励みにもなりますし、嬉しくて続けようと思うものなのです。
今は、TwitterやFacebookなど、Webを使ってのコミュニケーション方法が増えてきていますが、blogもコメントやトラックバックでコミュニケーションを図ることのできる重要なツールだと思っています。
現在このblogがあるのも、このblogを通じて沢山の方々と交流させて戴いたおかげです。
ですから、みなさんも自分の好きなブロガーさんにはどんどんコメントしたり、blogを持っている方は気軽にトラックバックしてください。
yukky@MacLogのyukkyさん。
掲載おめでとうございました。
これからもよろしくお願いします。m(__)m

 - Appleな仲間の話