第11回伊勢志摩Appleユーザー会の報告

   

今回のユーザー会は、嬉しいことに7名の方々に参加していただきました。
もうすぐ1年になるこのユーザー会の新記録です。うれしい!(T^T)
それも、常連はみーけさん、いつもコメントをくださるはしづめさんのお二人だけ。
4名の方が初参加で2回目の方がお一人。
中央に机を集めて、最初はいつものように私がMacBook Proとモニターを中央に置いて始めたのですが、人数が多いので自然と私対参加者の方々というよりも、ユーザーの方々が個々に隣の人に質問したり雑談したりと、自由な雰囲気でとても良かったです。
初めての方でも、同じAppleの製品を使っているというだけで、すぐに打ち解けられて和ができる。
これが、私の目指すユーザー会の姿。
そして、こういう雰囲気の中から、また新しい発想や使い方が産まれるかもしれません。

user11th.jpg


周辺機器についても、いろいろ話が出ました。
私の狙っているJAWBONEの骨伝導式ノイズキャンセリング マイク搭載のBluetooth ヘッドセットを持っている方がいらして、使い心地などを訊くことができて嬉しかったです。
実際に買おうと思っている周辺機器を使っている方に直接お話しを訊けるのもいいですよね。


今回は、iPadも新しくなったばかりのこともあって、iPadネタを中心に話が弾みました。^_^
私がご紹介したのは、iPadを4本指で操作する方法。
iOS5からできるようになった(過去にも開発者環境にすれば一部できたのですが)4本指スワイプでのアプリの切り替え、4本指で画面をつまむ動作で起動中のアプリを閉じるアプリの終了、4本指で画面を持ち上げることによってホームボタンをダブルクリックするのと同じように起動中のアプリを表示できます。
もし、ご存じない方はやってみてください。
iPadの使い勝手が格段に上がりますよ。
【追記の参考映像】

こうやってみると、LionのMission Controlやウィンドウ切り替え等々、トラックパッドを使った指での操作とiPadの操作が非常によく似ていることが解ります。
また、こういう操作方法があることによって、とても楽しくガジェットを使えるんですよ。
このあたりが、Appleが作る製品の良さでしょう。
他のタブレット型PCと呼ばれるものと同じ能力・性能であっても、AppleのiPadが好まれる理由でしょう。
すなわち、カタログのスペック表では現れない良さですね。
いつものように脱線してしまいました。(^^ゞ
* * * * * * *

毎回感じるのですが、私にしてもiPhoneを使い始めたばかりの方に教わることもあれば、その逆もまたしかりと、誰もが知っているだろうと思っても案外知らないことが多いのですよね。
それに、自分1人でiPhoneを使っていても試せない機能もありますよね。
例えば、今回質問していただいて解決できた割り込み通話が架かってきた時の通話切り替えの方法とか、FaceTimeとか、友達を探すアプリとか、Bump等々、数え上げればきりがありません。
(名刺交換もいいですが、今度からBumpで自己紹介もいいですね。(*^_^*))
次回で、まるっと1年になるこのユーザー会、ますます開催するのが楽しみになってきました。
実は、Seesaaのアクセス解析によると、ユーザー会Blogへは毎日ユニークで30名以上のアクセスがあるんですよ。
なので、まだまだ日程などが合わずに参加できない方がいらっしゃると思われます。
また、ご都合がよろしければ気軽に参加してくださいませ。
そして、今回も参加していただいた方々に感謝です、今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。m(__)m

 - Appleな仲間の話