続 MacでWindowsが動く意味

   

BootCampが発表されて間もなくこういう記事を書いたんですが、
MacでWindowsが動く意味
あちこちのサイトやblogを読んだ限りでは、Windows専用機に負けることなく概ね快調に動いている様子でホット胸をなで下ろしています。(^^ゞ
(ちょっとドキドキしたのは私だけじゃないはず)
今回は、BootCampや、Intelの仮想化技術を利用したParallels Workstation 2.1を使って「MacでWindowsが動く意味」をもう一度考えてみました。


私は、初めにT's Cockpit たにたにさんの記事:intel Macが欲しいか?を読んで 「?」とひらめき、maclalalaweblog 藤シロー さんの記事:MacBook Pro はマックか PC かを読んで「!」と確信しました。
やっぱりBootCampは、
MacユーザのMacユーザによるMacユーザのための
ものだったのですよ。
Windowsに比べてMac対応のいろんなサービスが少ない。
昨日書いたコミュニケーションツールにしろ、WebサービスにしろMacお断りのところが多いんですよね。
だから、BootCampは、WindowsユーザをMacへSwitchさせる事を主眼に置いた機能ではなく、Macをもっと使いやすく便利にするためにAppleがMacユーザへプレゼントした機能じゃないんでしょうか?


Apple=Jobsが、MacへIntelを搭載することを決め、ユーザへ無言の問題を出す。
『MacでWindowsが動くかもよ』
Macユーザは、あれやこれやと試行錯誤し、最後はWindowsを動かすコンテストまで開き、ついに自力で答えを出した。
『ほう、良くできたね。まぁまぁかな? 正解はこれね』
とかねてから用意していた回答(BootCampのベータ版)を発表。
『でもこういうやり方もあるんだよな~』
Parallels Workstation 2.1を発表させる。
(とても偶然の一致とは思えないほどにGoodタイミング)
『まぁ、たまにはWindowsも使ってあげなよ』
そうやってApple=Jobsは、ユーザとのコミュニケーションを楽しんでいるのではないでしょうか?
そして前述の私の記事のコメントSolid Inspirationさんがおっしゃっていたように、Apple=Jobsが見ているのはもっと先・・・
Macin' Blogさんにはこういう記事がありましたね。
Boot Campは始まりに過ぎない!!
う~ん、なんだかワクワクしてきたぞ!

 - Appleを語る