電話の+1は何を意味するのか妄想してみよう

   

来週10月5日午前2時からのAppleの早朝に行われるiPhone関連の発表楽しみですね。
cnet Japan:アップル、国内でも10月5日に「iPhone」イベント--報道関係者に招待状
Appleファンは、今から妄想をたくましくしています。
私もその1人。
特に話題になっているのは、招待状に込められたメッセージ。

米国版
Apple_event

日本版
LetsTalkiPhoneJP

※画像は、cnet Japanのサイトから借用


日本でも5日午前10時から何かの発表があるとのこと。
米国の発表は、グローバルなiPhoneの展開。
日本の方は、当然日本での販売経路等がどうなるのか?
という発表でしょう。
なんだかんだ言われていますが、auからiPhoneが出るのは全体的な流れから言って、間違いないものと思われます。
ところで、この右下にある電話に+1の意味。
現在有力な説の1つは、音声認識入力というもの。
Macin' Blog:iPhone 5はAppleの目指すKnowledge Navigatorに一歩近づく!?
 
良い記事ですよね↑
記事中に語られているコンピューターの持つ未来がとても楽しいです。
今までのフリックに加えて、もう一つ音声認識入力が普段使いできるほど精度が上がり次期iPhoneに搭載されるととっても便利です。
現在のiPhoneにも音声認識が付いているのですが(知ってました?)、それで電話をかけようと何回もトライしたことがあるのですが、目的の番号へかかったのは1回だけ。
(私の発音が悪いのか?)
※ホームボタン長押しで音声認識モードになります
でも、これがもっと精度を上げて、Dragon Dictation - Nuance CommunicationsDragon Dictationのようになれば結構使えそうです。


それともう一つが、iPhoneのラインナップが増えるというもの。
私はこっちが本命かなって思っています。
なぜなら、今までのiPhoneの売り方を見てみると、iPhone3Gとその進化形であるiPhone3GSを同時期に発売し、iPhone4が出てからは、iPhone3GSとiPhone4を同時期に発売している売り方です。
つまり、同じ商品の中で、1世代遅れのものをディスコン(販売中止)せずに延命させるという今までAppleがとったことの無いやり方を続けています。
Macの場合は言うに及ばず、iPodにしても、新型を出した場合は必ず旧製品はディスコンしてきたと記憶しています。
つまり、現状が特異な状態なのです。
iPhone3GSを発表した時にiPhone3Gを残すと知って、Appleらしくないやり方だなっと違和感を覚えていました。
というわけで、私の予想は新製品の所謂iPhone5とiPhone4の進化形iPhone4Sを同時発売。
できれば、iPhone4Sの方はかつてのiPodminiのようなカラーバリエーションなんかでると楽しいですね。^_^
つまり、「+1」は ”iPhoneがもう1種類増えるよ” というメッセージではないでしょうか?
先ほどの音声入力と両方だともっと嬉しいのですが。。。
では、発表当日はまたみんなで夜通しiPhoneについて語りませう。
Let's talk iPhone


 - iPhoneの話