電話アプリ Tango -自由なタンゴ-

   

震災時に役立つiPhoneアプリがたくさん紹介されていますが、震災時にだけ備えることはなかなか大変。
今はこんな状態ですからみんなの防災に関することや備える意識も高いですが、震災前を振り返ってみると、被災時に備える意識はそれほど高くなかったのではないでしょうか?
それもそのはず、私にしても阪神・淡路大震災を知っているとはいえ「喉元過ぎれば熱さを忘れる」滅多に来ない災害に常日頃備えておけ!というのは難しいでしょう。
ですから、通常も使い勝手が良く「震災時にも役に立つ」アプリが今後ますます増えることを願っています。


iPhoneで通常の電話機能以外にも通話できるアプリは複数あるのですが、今回はビデオ機能が付いたWi-Fi環境でも3G環境でも使える無料電話アプリをNETAFULLさんで見つけたのでご紹介。
NETAFULL:3G回線でもビデオチャット可能なiPhoneアプリ「Tango」
私も早速ダウンロードして、嫁さんのiPhoneと通話テストをしましたが、結構良好に会話やビデオチャットができました。
あまり早く移動したり、回線の都合ではカクカクしますが、まずまず良好です。
もちろんSkype - Skype Software S.a.r.lSkypeでも同様のことはできるのですが、IT関係が不得意な嫁さんに教えるのは苦労しそう。
一方こちらは、普通の電話感覚で通話できるし、「連絡先」からこのアプリを入れている人を見つけてくれるので便利です。

tango
画質は、Skypeの3G通話と同じくらい。
Skypeと違ってログインなどの手続きがいらず、iPhoneに入れておけば普通の電話のようにコールしてくれますので便利です。
インターネット回線の速さにもよると思いますが、結構使えました。
今回の震災、電話がダメでもネット回線が生きているところではTwitterなどで安否確認が取れたと聞きます。
何事も1つダメになった時のために複数のルート(手段)を確保しておくことが危機管理上も大切。
そういった意味でも、こういう複数の通信手段が確保できるのは心強いですね。

Tango Video Calls - TangoMe, Inc.
tangoTango Video Calls


Tangoというのは、アルゼンチン発祥の音楽。
情熱的なダンスと一体となった音楽には素晴らしいものがあります。
バイオリンやアコーディオンの音色が独特の空気感を演出。
曲は、Libertango(自由なタンゴ)
かの国も、軍事政権下で民衆は自由を奪われてきた歴史があるだけに感慨深い曲名ですね。

私は、情熱的な寺井尚子さんの演奏が好き。
オール・フォー・ユー - 寺井尚子

 - iPhone・iPadアプリ