AppleStoreでスピーカーの聞き比べ

   

昨日久しぶりにAppleStore-栄-へ行ってきた。
iPod&PowerBook用のスピーカーを買うためである。
ちょっと前ならスピーカーを買うためにパソコンショップへ行くなんて考えられなかったことだろう。
AppleStore-栄-には、WebショップのAppleStoreで販売されているスピーカーが並べてあり、自由に試聴できるようになっている。
昨日行って気がついたのだが、1階の入って右奥のスピーカーに繋がっているG5iPodには、すべて同じプレイリストの曲が入っていた。
前回行ったときには気がつかなかったが、なんとも嬉しい配慮。
私は、自分が持っているオーディオのカタログを持ち歩き、話を聞いて貰える人を見つけると、延々と自分のオーディオの素晴らしさを語るほどマニアではない。
(私の知り合いで実在の人物、何百万もする真空管オーディオセットらしいが、未だに誰もそのオーディオセットの音を拝聴したことがない)
だから、私のようなど素人が聞き比べしようと思うと、同じ曲、同じ音質を聴かないと比べられないのである。


今回聞き比べたスピーカーは、
スピーカー1、あろさん、kikkaさんがお勧めのTIME DOMAIN mini
スピーカー2、私が前から気に入っていたBOSE Companion3
スピーカー3、我が家のリビングで使っているJBL Creature||
スピーカー4、今話題の越前クラゲのようなJBL SOUNDSTICKS||
である。
(JBL encounterや、BOSE Companion 2も聴きたかったのだが、音が出なかったり見つからなかったり)
曲は、私の大好きな土岐麻子さんのHuman Nature
この曲は、Jazzで、2分9秒のところから、唐突にサックスのソロが入るのだが、各スピーカーのその音の抜けの良さに限って言うと、
スピーカー1、サックスの音が明瞭で、一直線に音が抜けてくる感じ。
スピーカー2、音が抜けると言うよりも、サックスの音と他の楽器と溶け合って集団(固まり)になって迫ってくる感じ。
スピーカー3、サックスの音がプア~というPoorな感じでなんとも頼りなく響いてきた、音が真っ直ぐ聞こえてこないのだ。
スピーカー4、スピーカー1と2の中間くらいの明瞭さだと感じた。
スピーカー1は、今回初めて聴いたのだが、全体的に楽器の音1つ1つの音がクリア、ドラムのハイハットの音がちゃんと金属音をしていて、ベースも弦を弾(はじ)いているのがわかる。
結局私は、このTIME DOMAIN miniが気に入って買ってしまった。(^^ゞ
まぁ、この辺は好みの問題もあるし、どれが良いとか悪いとかではない。
言ってみれば、人によって異性の好みが違うのと一緒だろう。
ストッキングをはいた足じゃなきゃ駄目だという人もいれば、素足の白いふとももが良いという人もいる。
襟足に色気を感じる人もいれば、腰のラインがたまらないという人もいる。
(私が男性なので、男性の視点からでしか表現できないのでごめんなさい)
スピーカーの好みは性の好みと同じように千差万別で、主観の世界でしかない。
おっと、話が私の苦手な方へ行きそうになったので、元に戻そう。(笑)


冒頭にも書いたが、パソコンショップへスピーカーを選びに行く、なんてことを数年前に誰が想像できただろうか。
私が初めてMacを買った頃は、Personal Computer用のスピーカーといえば、「とりあえず音が出る」程度のスピーカーがほとんどで、選択の余地はあまり無かった。
Personal Computerにとって、音楽を再生するということは、付加機能の1つであって、主たるものではなかったのである。
それが、iTunesがそれまで貧弱だったPersonal Computerの楽曲管理機能・再生機能を拡張させ、その端末機であるiPodが爆発的に売れ、有名メーカーのスピーカーが手頃な値段で手にはいるようになった。
音楽といえば車の中でCDやカセットテープで聴く程度であった私の生活がiPodを買ってから激変し、今ではiPodが生活の大切な一部となっている。
一部どころか、通勤の時もiPod nanoで音楽を聴いているし、自宅へ帰ってきて真っ先にPowerBookを起動するのはもちろん、iPodで音楽を再生するのが習慣となってしまった。
日本でもiTMSが始まり、その傾向に輪をかけたように音楽を求めるようになった。
Sonyがウオークマンでそれまでの人と音楽との関わり方を変えたように、今はAppleが、人と音楽との関わり方をPersonal Computerを通じて変えようとしている。
いや、もうすでに変わってきている。
(少なくとも私は変わった)
先日、AppleStore-銀座- でコンサートを行った矢野顕子さんが、Appleのスペシャルインタビューでもこう答えている。
Apple:それ以前にもポータブルプレーヤーで音楽を聴く、という文化はあったと思うんですが、やはりニューヨークでもガラッと白いイヤホンに変わった、という印象がありますか?
矢野顕子: そうなの。それまでは、例えばCDプレーヤーを持って歩いていたわけでしょ? 「そうまでして音楽聴かなくてもいいや」って人もたくさんいたと思うの。ところが、iPodはポケットの中に入るということで、じゃあ持ち歩いてもいいかなって人が増えてきた。そういう機能性が生んだ、新しい習慣のような気がしてます。
アップル-スペシャルインタビューズ-矢野顕子から引用


博多と仙台に相次いでAppleStoreがオープンする。
アップルの記事
アップルストア福岡天神、今週土曜日にオープン
アップルストア仙台一番町、12月10日にオープン
これらの地方の方々にお祝いを申し上げると共に、AppleStore顧客の先輩として1つ忠告しておきます。
AppleStoreは危険です!
sanzai.jpg
今までにいくらあの店へつぎ込んだ事やら・・・
今回この記事に登場したスピーカーのレビューなどは、ここで見ることができます。
iPod スピーカー

 - iPod・iTMSの話