ARENA復活を望む!

   

以前このblogでも書きましたが、私はOS8.5の時代から、メールソフト(以下メーラー)は、ARENAを使っていました。
arena.png
このメーラーがなんともMacLikeで使いやすい。
使いやすいだけじゃなくて、カスタマイズしやすいのも特徴でした。
2002年9月いっぱいで販売を終了したのですが、未だに愛用者は多いことでしょう。


一世を風靡したEudora互換のメールボックス、標準のInterfaceは持っていなくて、使用者が好きな画像とかをドロップしたり、セットを交換することで外観を変えることのできるカスタマイズ性、当時では飛び抜けた検索機能、サーバーにあるメールボックスを直接見ることができ選択受信できる機能、マルチユーザーに対応しており、パスワードも掛けることができる。
Windowsの世界では、Outlook Expressが全盛期であったが、機能的には問題にならないくらい充実していた。
開発当時は、4人のMemberで始めたベンチャー会社だったのをあのact2が買い取り、こんな記者会見を行っていた。
アクト・ツー、「ARENA Internet Mailer 2.1」パッケージ版を披露
しかし、その約1年後には、販売終了。
一時は、Macユーザーの半数近くが利用していたというメーラー、バンドルソフトや、フリーソフトではなく、シェアウエアソフトでこれだけ評価を集めたメーラーも珍しいと思う。
当時Macにバンドルされていたメーラーと言えば、Outlook Express。
私はWindowsが嫌になってMacを使い始めたので、今さらOutlook Expressを使う気はしなかった。
そんな背景があるので、ARENAを使い始めた人も多いのではないだろうか。
大企業が作るソフトと違って、バグがあると素早く対応し、無料でバージョンアップをしてくれた。
とっても使いやすく使う人の気持ちになって作られたメーラーだと思う。
先ほど、TigerのMail2.appへアドレスリストやメールボックスを移して試用してみた。
参考サイトさようなら、ARENA Internet Mailer
Thunderbirdも使ってみました。
しかし、何かが違う。
使い方は、そのうち慣れるのだろうが、MacLikeじゃない!
設定や操作でいちいち戸惑うことが多い。
インターネットを通じたメールというものは、プリントアウトしないかぎり電子データである。
「Delete」を押せば消え失せるものだ。
しかし、そのはかないものの中に、人の気持ちや自分の気持ちがいっぱい詰まっている。
メールボックスやアドレス帳をMail2.appへ移し替えていた。
もう何年も前に別れた彼女のメールが出てきた。
つれづれに読むうちに涙が出てきた。


ARENAがなぜ開発中止になったか知るよしもないが、メーラーとは、他のソフトとは違って人の気持ちやその時の思いまでも保存しているものだとおもう。
簡単に乗り換えるわけにはいかない・・・
それだけに、使う側に立った末永く使えるものを開発して欲しいと願っている。
act2さん!もう一度ARENAを復活させてください!
なんか気持ちが入りすぎて支離滅裂な文章でした。(^^ゞ

 - Appleを語る