Bluetoothでファイル交換

   

Mac OS X Lionから装備されたAirDrop

AirDrop

Mac同士で同じようなファイル交換の方法は以前からありました。
それが、Bluetoothファイル交換です。
私も今回調べて知ったのですが、すでにMac OS X 10.4Tigerのころからあったようです。
Mac OS X 10.4 Help:Bluetooth ファイル交換を設定する
やり方は簡単。


1、ファイル交換したいMacの「システム環境設定...」>「Bluetooth共有」 を有効にします。

Bluetooth共有

2、メニューバーのBluetoothタブから「デバイスをブラウズ」を選択します。

Bluetoothtab

3、近く(Bluetoothの範囲内)にあるMacを認識します。(認識しない場合は、相手方のMacのファイル共有がONになっているかチェック)
対象のMac(この場合はMetalMacBookPro)を選択して、右下のブラウズをクリック。

ブラウズ中

4、接続して良いかどうか聞かれますので、お互いのMacに同じ数字(ランダムで表示)が表示されているのを確認して、「はい」

接続要求

画像は、受ける方のMetalMacBookPro側に表示されるダイアログ
5、お互いが確認すると、1のファイル共有設定のところで許可した任意のフォルダが覗けるようになるので、ここに渡したいファイルなどをドロップ。(画像は、ミュージックフォルダ)

フォルダ内

Tiger以降のMacであれば、この機能を使ってファイル交換が可能です。


昔から、Macはお互いのファイル交換や共有作業をとっても意識して作られています。
Ethernetポートはインターネットが普及するずっと前から搭載していて、AppleTalkという言語を使ってMac間を繋げてファイル交換などが出来るようになっていました。
インターネットの接続方法がアナログのモデム通信からブロードバンドに移行する際、Windows機が「ブロードバンド対応」といって、慌ててEthernetポートを付けて発売しているのを「何を今更...」と苦笑した覚えがあります。
今も、同じネットワーク内にあるMac同士が共同で作業が出来る「ファイル共有」や以前からMobileMeに実装されていて、今回iCloudでも使えるようになった、インターネット越しに登録したMacと繋がることが出来る「どこでもMy Mac」など、状況に合わせていろんな繋がり方ができます。
参考記事:どこでもMy Macでなんでも共有
いきなりこの記事へのアクセスが増えたのかと思ったらiCloudで使えるようになったね。(^^ゞ
人と人は力を合わせて助け合う大切さを知っている生き物ですが、Macも同じように力を合わせる大切さを理解しているPersonal Computerなのです。


 - Mac・iPhone・iPad入門