BMP(ビットマップ)ってWindowsの画像形式?

   

半分正解ですが、十分ではありません。
Bit Mapというのは、もともと画像を点(bit)で表した画像(マップ)という意味です。
画像形式は、大きく2つに分けることができます。
ビットマップ画像とベクトル(ベクタ)画像です。
ビットマップ画像は、皆さんがよく目にしている jpg(ジェイペグ)やgif(ジフ)画像のことです。
(他にも多数ありますが・・・)
拡大表示すると目が粗くなり小さな点で画像を形成しているのがわかります。
一方ベクトル画像とは、イラストレーターやCADソフトで使われている点を座標の軸に置き換えて、それを結ぶ線や面をコンピューターが計算して表している画像です。
皆さんが、一番使っているのは、WordやExcelなんかのお絵かき機能でしょうか?
拡大縮小してもコンピューターが計算しますので画像は変わらずそのままの状態を維持します。


ベクトル画像は、コンピューターが計算した数値の集まりなので、そのままでは、印刷したり、Web上では表示できないため、ビットマップ画像へ変換する必要があります。
それがラスタライズという作業です。
話を元に戻しますと、拡張子が .bmpのファイルもWindows形式のビットマップ画像です。
マイクロソフトが画像形式の総称を自分の所の画像形式の名前にしちゃったのですね~。
(だから話がややこしくなるのですが)
本来テキスト(ドキュメント)の拡張子 .docをWordの拡張子にしちゃったように。
ちなみにMacの画像形式は、PICT(ピクト)です。
拡張子は、.pict
どちらもraw data(生のデータ)と呼ばれる圧縮されていないデータ画像です。
それを人間に見えない部分の階調や色を間引いて圧縮したのが jpeg画像というわけです。
gifも圧縮画像ですが、jpegと違って256色しか扱えません。
(その分軽くなるのですが)
よくWeb上でちかちか光ったり動いたりするアニメーションを作れるのが特徴です。
Web上(ブラウザー)で表示できるのは、このjpegとgifの他にもう一つ、png(ピーエヌジー)というのがあります、これは、gifの色限界(256色)を超えるために作られたようですが、gifに比べてファイルサイズが大きくなるのであまり見かけません。
比較のためにそれぞれの形式のビットマップ画像を掲載しました。
元画像は、PICT形式の8.6MBです。
hana.jpgJPEG 33KB
hana.gifGIF 32KB
hana8.pngPING 8bit 44KB
hana24.pngPNG 24bit 242KB
今回の記事では、解りやすいように、とても大雑把に解説しています。
もっと詳しく解説したい方はトラックバックお願いします。
(私も独学なので間違っていたら指摘してください)

 - Mac・iPhone・iPad入門