Command+Fは名探偵

   

私、恥ずかしながら今まで使いこなせていませんでした。
この便利な機能。
かの有名な(笑)、ショートカットのデスクトップピクチャにも収録していません。
command(Command)+F
Finder上では、検索ウインドウが開きます。

検索ウィンドウ
しかも、ファイルの種類、日付等々で絞り込んで検索できます。
めちゃめちゃ便利です。
右上の保存をクリックすると、「スマートフォルダ」で検索結果を保存できます。
え?あ!なるほど、そういう意味だったのか>Finder


アップル- Mac OSX - Finder
この記事を書きながら気がついた・・・
Macのデスクトップそのものが、Finder=発見者 だったんだ!
なんだか感動だぞ。
今までFinderは、Macのシステムを総合的に管理するソフトだと思っていたのですが、それは、Personal Computer(Mac)の中のファイルを管理することに他ならない。
つまり、自分のMacのことはFinderに訊け!ということだったのか・・・
Macを使い出してからだいぶ経つけど今まで気がつかんかった~_l ̄l○
なんだか目から鱗(うろこ)が落ちる状態。
このFinder、MacOSX 10.4(Tiger)になってからSpotlightというデータベース作成ソフトができてから益々便利になっています。
従来、ファイルを管理するのにフォルダ毎に別けて管理していましたが、Spotlightを駆使すれば、そういう事をしなくてもファイルを管理できることになります。
私のような古い人間は、フォルダ毎で管理しないと落ち着かないんですけどね・・・


さて、このCommand+Fは、Safariでも使えます。
というよりWindowsのブラウザも含めて、大変役に立ちます。
(Windowsの場合は、Ctrl+F)
調べ物の際に大量のテキストの中から目的の単語やキーワードを探し出せるので重宝します。
Safari2だとこんなウィンドウが飛び出します。

safari2
Safari3だとちょっとオシャレ。

safari3


長いことPersonal Computerを使っていると、自分でも忘れているファイルなんかが残っている事があります。
Command+Fで昔の彼女や彼氏の名前、イニシャル、ニックネームなんかを入力してみると面白いかもしれませんね。
「捨てたはずなのに!」とか「まだ残っていたのか・・・ヤ、やばい」というファイルやメールが見つかるかも・・・
ψ(`∇´)ψ ケケケ
あ・・・このファイルまずいよ、マジで
嫁さんが探偵を雇わないうちに隠さなくちゃ・・・

 - Mac・iPhone・iPad入門