Cuccagna -クッカーニャ-

   

「Cuccagna」イタリア語です。
「桃源郷」という意味らしい。
と同時にイタリアンレストラン&Cafeの名前です。
Cuccagna
実はこのお店、8年くらい前までは「真詩亜」というスナック&バーみたいなお店だったんですよ。
店のカウンターにあったのは、大きなシャコ貝をお皿にした巨大なローソク。
マスターが毎日毎日その上で普通のローソクを付け続けて、育て?続けたローソクなのでした。
最後の方は高さが50センチくらいになってたんじゃないのかな~。
この街は、私が20代のほとんどを過ごした第二の故郷のような街。
そしてその真詩亜は、私が一番お気に入りのお店だったのですよ。
そこのマスターは確か30代に脱サラしてお店を始め、若造だった私にとって兄貴のような存在で、酒の飲み方やカクテルのこと等々いろいろ教えてもらいました。
結構そのお店に入り浸っていましたね~
観光地のこの街には似つかわしくないオシャレな怪しい雰囲気のバーでした。


そこで出会いがあったり・・・
まぁ私の青春が詰まっているようなお店だったんですよ。(^^ゞ
そのマスターは10年くらい前に、50代に病気で亡くなっちゃっいました。
その後、ママさんが約8年前に建て替え、現在は明るい素敵なお店になっています。

coun4.jpg
※画像はお店のHPから拝借
昨夜数年ぶりに訪れ、もう5人の孫がいるママとは、昔話に花が咲く楽しい一時を過ごしました。
今はママとキッチンを任されている女性+バイトさんでお店をやっているそうなんですが、これがまたパスタ等々の料理が美味しい!
パンなども手作り。
なんだか、良いお店を見つけた!って感激してしまいました。


そのお店、去年の年末に、「渡辺さん」という方が電話でランチの予約をしてきたそうな。
予約の時間になって、お店に入ってきた「渡辺さん」を見てママ ビックリ。
あの俳優の渡辺謙さんだったそうな。
遅れて入ってきたのが、奥さんの南果歩さん。
お二人だけのプライベート旅行で伊勢志摩を周遊されている途中に寄られたそうです。
ママの話では、凄いオーラを放っていたそうな。
2階の席で食事されたそうですが、奥さんの果歩さんは、料理を持って行く度にこちらを見て、「ありがとうございます」とニッコリ微笑んでくれたそうです。
その可愛い笑顔を見ただけで、お店の人達はポーッとなったとか。
そうやって、お店の人たちはパニック状態(笑)
お会計の時、パニクったママさん、何を思ったか謙さんから戴くはずの代金3100円をレジから出して手に持ち、謙さんに渡そうとしたらしい。(笑)
「私、まだお支払いしていないんですけど」って微笑されて、またまたママさんはポーっとなっちゃったとか。
う~ん、謙さんセクシィー部長みたい。
「Cuccagna」へ行くと謙さんがサインした白磁のお皿が飾ってあります。

co.jpg


なんだかね~ 懐かしい、ほんわかした気分になりました。
皆さんも、もし伊勢志摩地方へ行くことがありましたら、是非寄ってください。
ランチ時は混むようなのでお早めに。
私も、明日ランチ食べに行ってきます。(^.^)
ここにも入り浸りそうだな・・・
Cuccagna -クッカーニァ-
bottle.jpg

 - このサイトについて