DashBoardのWidgetをDesktopに

   

Konfabulatorを使ってDesktop上に時計のWidgetを表示させています。
(時計の時報が鳴るのでお気に入り)
しかし、試用期限がもうすぐ切れるようで、こんなウィンドウが出るようになってきました。
Konwindow.png
けしてお金を払うのが惜しいわけではありません($19.95)・・・が、今年車検なのでどうしようか迷っています。(笑)


このKonfabulatorは、Tigerの機能DashBoardと同じようにいろんなWidgetをDesktop上に表示させる機能があって重宝しています。
(DashBoardのWidgetは使えません)
DashBoardとの大きな違いは、Desktop上にWidgetを常駐させることができること。
Windows版も有り、対応するWidgetも出来たてのTigerよりも多いことでしょうか。
DashBoardのWidgetをDesktopへ常駐させる方法は、[F12]を押してDashBoardを呼び出し、常駐させたいWidgetをDashBoard画面へドラッグしたままもう一度[F12]を押せばDesktop上にドラッグしたWidgetだけが残ります。
(反対の操作をするとDesktop上から消えます)
使ってみたところ、常に前面にWidgetが表示されるため、背面にDock等が隠れてしまって邪魔です。(T.T)
Konfabulatorの方が、常に前面に配置したり背面に配置したり設定できるので、使い勝手が良いです。
ということでKonfabulatorをまたポチッとしそうな気配・・・
DashBoardとは、ひと味違うKonfabulatorお勧めです。
[追記]
デバックモードにしなくても、WidgetをDesktopへ登録できることが判明したので、記事を大幅に改訂しました。

 - Macアプリ