GarageBand奮闘中

   

今日は、MacのiLifeの中に入っているGarageBandで遊んでいました。
(現在発売中のMacにはバンドルされています)
GarageBandを触るのは初めてだったのですが、慣れると楽しいですね。
下の目玉(ループブラウザと言うらしい)をクリックすると、いろんな楽器の種類の音源で演奏されたパターンが表示されます。
それをウインドウ上にドラッグアンドドロップするだけです。
本格的な曲を作ったりするのは、使いこなさないと難しいでしょうが、iPhotoのスライドショーやiMovieのBGM、効果音なんかは、簡単にできちゃいます。


今日私が作った作品を貼り付けましたので、良ければ聞いてください。
(恥ずかしいのですが、初めて触った人間でもこんな風に作れるということで・・・(^^ゞ)
Download1Popな感じ(125kb)
Download2ミステリードラマ風(282kb)
Download3癒し系(376kb)
GarageBandは、iTunesへMac標準の音楽形式aiffファイルで書き出すことができます。
「ファイル」→「iTunesへ書き出し」
User名が付いたフォルダの中へ保存されます。
そのままでも、iPhotoやiMovieの音源として使えるのですが、インターネット上で配布するには、約10分の1に圧縮されたmp3へ変換した方がよいでしょう。
今回、aiffからmp3への変換に使ったのは、a52decX 0.25というフリーソフトです。
MacでDVDのリッピングを囓った人ならよくご存じのソフトですね。
mp3へ変換するなら、Downloadして[mp3]のチェックボックスをクリックして設定するのを忘れずに。
GarageBandをもっと極めたい方はこちら

Play the GarageBand―Macでカッコイイ音楽を創ろう
秋山 公良
毎日コミュニケーションズ (2004/06)
売り上げランキング: 5,290
通常24時間以内に発送

DVDのリッピングを勉強したい方はこちらの本をお勧めします。
MacでやけるDVDの道
自分で作った曲をGarageBandでループ再生しながら聴いていると、なんだかArrangerやDJになった気分でウキウキしてしまします。(笑)

 - Mac・iPhone・iPad入門