HPのプリンターでAirPrintやePrint(メールdeプリント)

   

自宅にはプリンターがあるのですが、単身赴任先でも楽譜の自炊や、スキャンなどにプリンターを使えると便利なので購入。
Appleファンとしては、もうAirPrintができるHP(ヒューレット・パッカード)しか選択肢は無い。(笑)

HPPrinter110
これまでエプソンやキャノンのプリンターしか使ったことがなかったので、正直言って不安でした。
日本語が使えるんだろうか?とかインクは売っているんだろうか?とか。
なので、AirPrintができる機種の中では最安値のHP Photosmart Wireless B110a
しかし、実際買って使ってみると、モニターの指示に従ってスイスイと進みMacへのPrinter Driverのインストールも問題なく終了。


Wi-Fi接続を前提にしているようでApple AirMac Extremeベースステーションのネットワークも自動的に検出してくれる。
ネットワークへ入るためのパスワードを設定するだけであっけなく接続され、AirPrintも快適。
iPhoneで撮影した画像がすぐさま印刷できるのはありがたい。
これだけ使えて、Amazonで1万円以下で買えるのはコストパフォーマンス抜群。


AirPrintも快適なのですが、それ以上に使えそうなのがHPのePrint(メールdeプリント)。
どういう機能か簡単に言うと、HPのサイトでePrint用のメールアドレスが割り当てられるので、そのアドレス宛へ印刷したいメールを送信すると添付ファイルも含めて印刷してくれるというもの。
もちろん、iPhoneiPadからのメールもOK。
自宅などに出先からFAX代わりにプリントアウトしたり、いろいろ使えそうです。
詳しくはHPのサイト参照→ePrint の紹介
その中でも私が一番嬉しかったのは、MicrosoftOfficeの各アプリケーションに対応していること。
Microsoft Word
Microsoft PowerPoint
Microsoft Outlook
Microsoft Excel
※詳しくはHPのサポートされる添付ファイルの種類は何ですか?を参照
この手のアプリケーションはNeoOfficeを使っているので、今まできちんと印刷するのが難しかったのです。
かといって、買ってまで使うほどの頻度はないし...
というわけで、今回の一番のポイントは、ePrintかも。
設定やヘルプも、分厚い説明書が無くて、タッチパネルとHPのサイトで済ませてしまうのがスマートです。
ePrintやAirPrintのような便利な機能は、国産メーカーでも早く導入されると、選択肢も多くなって嬉しい。







↑その他AirPrint対応機種

 - いろんなApple製品の話