Iconの作り方(ヒントだけ)

   

こんな表題を付けましたが、Icon作成は私の守備範囲外なので、実はあまり詳しくありません。(^^ゞ
ですからMacのカスタマイズ入門へコメントを頂いたJunさんへのお悩みにお答えする形で記事を書いていきます。


Macのカスタマイズ入門で単に「アイコン」としか表記しておらず、誤解を招きやすかったので、「フォルダアイコン」に変更しました。
Junさんが、ENHANCED LABSでダウンロードしてきたのは、PNG形式で作られているフォルダアイコンの素材でした。

Iconimg.png
ですから、これをフォルダアイコンとして使えるようにするには、専用ソフトが必要です。
アイコン作成ソフトは、いろいろあるようなのですが、今回は、シェアウエアのIcon Machineをお試しで使わせていただきます。

Iconmachine.png
まず「ファイル」→「新規フォルダ」を作成します。
Icon Machineを起動します。
あとは、開いたウインドウ左の大きいボックスへダウンロードした素材をドロップし、「ファイル」→「アイコンを適用する...」をクリックして、先ほど作成した「新規フォルダ」を指定するだけです。

tekiyo.png


アイコンを素材のまま配布しておけばWindowsでもMacでも使えるからだと思われます。
素材を選択してコンテクストメニュー(Controlキーを押しながらクリック)の「このアプリケーションで開く」で、Icon Machineを指定すると、Iconイメージファイル?が複数の画像を内包しているのが分かります。

iconsystem.png
またデフォルトのフォルダへ自分で作ったPNG形式のファイルなどを貼り付けてカスタムアイコンを作成できるicon Compoというシェアウエアソフトも見つけました。
Icon作成って奥が深いのでした・・・。
Icon Machineベクターレビュー記事

 - Mac・iPhone・iPad入門