iOS5版Safariのリーダー機能がとっても便利

   

iOS5になってiPhoneiPad版のSafariにいろんな機能が追加されました。
なかでも私が一番ありがたいのはリーダー機能です。
このリーダー機能、Mac版のSafariには以前からある機能でなんですが、正直言って私はあまり使っていませんでした。
ところがiPhoneでこの機能を使ってみたら、とっても便利なんです。
Safariのリーダーについて簡単に説明しますと、Safariに表示されたWebページの広告やサイドに表示されたコンテンツなどを排除して、記事本文だけを表示してWebページを見やすくする機能です。
Mobile広告花盛りの今日、何かと本文以外が表示されて読みづらいですね。

林囓の記事

記事が表示された時にリーダー機能が使えるサイトだとURL表示欄に赤丸のタブが出てきます。
※blogのトップページなど本文がハッキリしないページには出て来ないようです。出て来ないblogもあるのでちょっと謎。
これをタップ



リーダーの画面

ほら、文字だけ表示されてとっても見やすくなりました。
これだけでも小さい文字が読みにくいお年頃の私には、とってもありがたいです。
しかし、便利なのはこれだけではありません。

矢印

上の矢印をタップすると、Safariのいろんな機能が出てきます。

矢印機能

※画面をクリックすると拡大します。
この際簡単に説明しておきます。
1、【ブックマークに追加】Safariのブックマークに追加します。MacやPCとiCloudなどで同期しているとそちらのSafariのブックマークにも表示されます。
2、【リーディングリストに追加】これもiOS5から付かされた機能で、ブックマークの眼鏡マークのフォルダに追加されるので後から読むことが出来ます。ブックマークするまでもないけど...という時に使います。
3、【ホーム画面に追加】現在表示されているページをiPhoneなどのホーム画面にアイコンとして保存することが出来ます。頻繁に訪れるサイトはこれで保存しておくと良いでしょう。私はこのblogや、よく行く映画館の上映時間のページを置いています。
4、【この記事をメールで送信】任意のメールアドレスへ飛ばすことが出来ます。これについては後述します。
5、【ツイート】これもiOS5から、公式アプリのTwitter - Twitter, Inc.Twitterで記事をツイートできます。
6、【プリント】iPhoneなどiOSデバイスから直接印刷できるAirPrintに対応しているプリンターで直接印刷できます。
↓こんなのやこんなの


一番便利なのが4番の機能。
通常表示のままだとこの項目が【リンクをメールで送信】となっています。
これだとリンク先のURLしかメールで飛ばしてくれないのですが、リーダー表示された状態だと記事の内容や画像を保ったままでメールしてくれます。
つまり後から、オフライン状態で記事の内容を読むことが出来るんです。

EvernoteへCLIP

さらに、Evernote - EvernoteEvernoteへ飛ばせば、表示が崩れずにWebページをクリップしてくれます。
しかも、通常のテキストなので編集が容易です。
これは、MacのSafariでも同じですから是非活用してください。^_^
あ、このblogだけは広告を表示したままで...w

 - Mac・iPhone・iPad入門