iPhoneで写真を撮る時に手ブレを防ぐTips

   

iPhoneに限らず写真撮影の失敗で一番救いようのないのが手ブレです。
露出が少々狂っていたり、ピントが少々外れていても現代のデジタル技術が救ってくれますが、手ブレだけは救いようがないんです。
私の尊敬するネイチャーフォトグラファー 中村征夫さんの講演を聴きに行った時に仰ってましたが、ここ一発絶対外せない写真を撮る際は必ず三脚を使うそうです。
プロでもそれほど気を遣うんですよね。
今のデジカメは、軽量に作られているのはいいのですが、それだけドッシリ感が無くて手ブレしやすいんです。
なので、手持ちで撮影する場合は、できるだけカメラを手元に引きつけて、できれば身体を壁等に押しつけて固定してください。


特にiPhoneは、小さくて手ブレしやすく注意が必要です。
iOS5からはロック画面でホームボタンをダブルクリックすると音量ボタンがシャッター代わりになってくれますけど、それでもシャッターを押す時にあまり力を入れると、iPhone自体が動いて手ブレの原因になります。
さて、難しいのは画面をタップして撮影する場合。
しかし、思い出して欲しいことが・・・
文字入力などをする場合、iPhoneは画面から指を離す時に触っていた文字を入力するようにできています。
もし知らなかった方は、最初にキーボード等に触れてから指を他の文字にスライドさせてください。
他の文字を認識して離す時に触っていた入力しますから。
写真撮影で画面をタップする場合も、同じようにiPhoneは認識するんですよね。
動いている被写体を撮る場合、ただでさえブレ易いのに不用意に画面をタップすると手ブレを起こす可能性大です。
そこで、構図を決める前からiPhoneのシャッター付近に触れておき、シャッターチャンスが来た時に離せば、ワンアクションで済みますし、手ブレの危険性もグッと減ります。

* * * * * * *

iPhoneのカメラがとっても高画質になって綺麗な写真を撮ることができるようになってから、私もデジカメを使わなくなり、全てiPhoneになってしまいました。
しかし、そうやって写真を撮っていると、沸々とかつてのフォトグラファーの血が騒ぐんですよ。(笑)
特にiPhoneで写真するようになってから、OLYMPUS PENなどで写真にハマる人達も多い様子です。
私も昔買ったNikonのレンズがカメラボックスの中に眠っているのでまたやりたいと思っているのですが...
ちびまる子ちゃんのたまちゃんのお父さんみたいに、ライカのようなレンジファインダーのカメラも捨てがたい。
RICOHのGR DIGITAL IVが欲しい!
あ、語り出すと長くなるのでこの辺で。

 - Mac・iPhone・iPad入門