iPhoneを使う最大の利点

   

iPhoneを使っていて、紛失した場合、MobileMeから「iPhoneを探す」機能で捜索できることをご存じの方は多いと思いますが、この機能を使うにはiPhone側の設定が必要ですので今一度確認してください。
engadget日本版:iPhoneを探す」機能が無料化、MobileMe加入不要に
(MobileMeの無料サービスです。iPodTouchiPadでも可)


findiPhone
iPhoneを探す

1:アップル:「iPhoneを探す」機能のセットアップ
2:MacやPCからMobileMe:me.com/findで探す。
または、iPhoneを探す - Apple Inc.iPhoneを探すアプリをインストールした他のiPhoneiPadから探す。


この機能の位置表示に関しては、ピンポイントとは行きませんが、数十メートルの誤差で確認できます。
(アンテナなどの状況で精度は変わるようです)
位置確認の他にもiPhoneにメッセージを送ったり、音を鳴らしたり、中の情報を閲覧できないようにパスコードロックをかけたり、最悪リモートで情報を消去できます。
(消去しても発見された場合にはバックアップから修復可能)
iPhone4だけではなく、iPhone3GS等でもOS4.2にアップグレードすれば、同じように使えますよ。
詳しくは、engadget日本版:iPhone 3G / 3GS で無料の「iPhoneを探す」機能を使う方法
うまく行かない場合はこちら↓
MobileMe:「iPhoneを探す」のトラブルシューティング


なぜこういう記事を書こうかと思ったかというと、友人が携帯電話を亡くして中に入っていた約800件のアドレスデータを紛失。
バックアップを取っていなかったために、登録してあった人に謝ろうとしてもできず。
という困った状態になっているからです、
私も、昔は携帯電話のバックアップって面倒で、そう頻繁に取っていなかったと思います。
しかし、iPhoneを使うようになって、音楽やPodcast、アプリを更新するため日常的には同期させなければならず、知らず知らずのうちにバックアップを取っています。
最近の携帯電話は、前述のiPhoneを探すと同じようなことができるようですが、加えてiPhoneでは、バックアップを取るという危機管理上とっても重要だけど、とっても面倒なことを楽しんでできる、これがユーザーにとってiPhoneを使う最大の利点なのかもしれません。
(他のスマートフォンでもそうなのかもしれませんが、私の知識不足です。お許しを)


 - iPhoneの話