iPhoneケースにしてみました。

   

私は、iPhoneシリコンジャケットへ入れています。
外出する時にiPhoneを鞄の中へ入れたり、胸ポケットへ入れて持ち歩いていたのですが、どうも収(おさ)まりが悪い。
そこで、腰にぶら下げるタイプのケースや、腰のベルトに挟み込むのも検討したのですが、あまりピッタリしたモノだと、取り出すのに苦労しそうだし、シリコンジャケットが無駄になりそう。
シリコンジャケットに入れたまま、ポイッと入れてベルトにカチャッと付けて、身軽に持ち歩けるケースが欲しかったのです。
それでいて、腰に付けてカッコ良ければ最高。
ということで、そんなケースを求めて、名古屋は、大須の商店街へ。



大きな地図で見る
ここは、東京の秋葉原や大阪の日本橋には及びませんが、名古屋の電化製品やマニアックな(笑)店が集まっているところで、私のお気に入りの街です。
そこの革の財布やベルトを売っている革製品専門店で、買いました。

iPhonecase1

iPhonecase2
元は、タバコ入れです。
イヤフォンジャックを差し込むための穴も開けて貰いました。
入れた感じは、少しきついですが、革製品の良いところは使っているうちに馴染んでくるところです。
応対してくれたお店のおねえさんも、iPod touchを私が買ったのと同じようなケースへ入れていましたが、良い具合に馴染んで柔らかくなっていました。
2年前にタバコを止めたのに、再びタバコ関連商品を買うとは思いませんでした。
でも、付いている革のストラップを変えてみたり、工夫次第でもっとカッコ良くなりそう。
いじり甲斐があります。
年季が入ってくれば、もっと渋くなるだろうし。。。


新しい iPodが発売される度に、いろんなケースが各社から発売されますよね。
そして多種多様なケースを各社が競って開発しています。
何だか、その勢いと言おうかパワーは、ただの音楽再生装置、所謂MPEGプレイヤーに対するモノとは思えません。
今回の第4世代 iPod nanoの形は、事前にケースの画像が流出して、発表前に形状が解ってしまったほどです。
発売する会社からすれば、勇み足をしてしまうほど売り上げが計算できる製品なのでしょう。
ヘッドフォンしてもそう。
iPodによって、ずいぶんと売り上げが増えていることでしょう。
このものが売れない時代に、自社製品だけを売るだけではなく、関連会社まで元気づけてしまう。
そんなAppleの製品って言いなっと思います。


あ、そうそうおなじみ三都商工さんから、第4世代 iPod nanoのケースが発売されています。
私も初代のiPodnano caseを使わせてもらいましたが、とっても良い感じでした。(#^_^#)
参考記事:話題沸騰!みとさんの iPod nano ケース レビュー

4Gnanocase
画像は三都商工さんのサイトから借用
詳しくは、こちらから→nano case4G
みとさ~ん、iPhoneユーザになったら、iPhone用ポリカーボネート製ケースもお願いします。m(__)m

 - iPhoneの話