iPhone買うぞ!?その2

   

iPhoneG3がやっと購入できる射程距離に入ってくれました。

iphone
※画像は、Soft Bankのサイトから借用
そして、なんとか嫁さんをだまくら説得できたので買いに行ってきます。\(^O^)/
いや~ 私のような、「住宅ローン有り」、「育ち盛りの子供有り」、「当分昇級無し」といういわゆる哀愁の世代が、実用的な携帯電話というよりも、いかにも維持費のかかりそうな大人のオモチャ(あのオモチャじゃありませんので誤解無きよう)とも言うべきiPhoneG3を毎月の出費をいかにして削ろうか四苦八苦している嫁さんを説得するのはちょっと大変でした。(^^ゞ
私の嫁さんは、携帯電話は、メールと通話に使用するだけ、Macもインターネットでブラウジングのみ、音楽CDをiTunesへ取り込む方法を何回教えても覚えられず。
旦那が、書いているblogも何やら難しいことを書いているようなので、読んだことがない。(これはありがたかったりして~(笑))


♪♪♪♪♪♪♪
私の場合auからの乗り換えですから、まず最近の携帯電話料金の中から、一番金額の多い月の内訳を用意して、いかに現状の毎月の支払いよりも金額を少なくできるか(少なく思わせるか)を説得の材料にしました。
携帯の料金って細かく比較しようにも、auSoft Bankでは、まるっきり料金体系が違うので難しい。
そこで、Soft Bankへ乗り換えた場合の家族(嫁さんと私)の携帯電話にかかる費用を大ざっぱに「実際の通話料金(ネット代含む)」、「基本使用料(料金プラン)」、「その他雑費(分割代金やオプション等)」に分けて計算し、後からそれらを足して試算、auの内訳書と比較してみました。
※ 私がiPhoneG3でダブルホワイトプラン。嫁さんが、実質0円携帯でホワイトプラン。
月の他社への通話時間が40分以下だとホワイトプランがお得、50分以上だとダブルホワイトプランがお得なようです。

au:9,191円 Soft Bank:10,151円
1000円多いでやんの。(笑)
しかし、これはSoft Bankの通話料金を試算した際に全てホワイトプランのただともを考慮せずに他社への通話として試算した金額。
なので、ホワイトプランで十分この差額くらいは、吸収できるでしょう。
そして嫁さんをお得な気分にさせたのは、「ただともプログラム
これで、Soft Bankへ移行時のナンバーポータビリティの費用(税込み2100円)や、嫁さんの年縛りの解約料(3150円)を充填できます。
さらに、今回買おうと思っているイオンのお店では、新規にソフトバンクと契約の場合、イオン商品券が1台に付き1万円分もらえます。(#^_^#)
※「安心補償パック」と「基本オプションパック」の加入はが条件、しかし後で解約可
♪♪♪♪♪♪♪
最初は、ちょっと渋い顔をしていた嫁さんも、新しい携帯がワンセグになるので、今はるんるん気分のようです。(笑)
さーてと、ナンバーポータビリティの予約もすませたし、サクッと契約してきます。
今夜あたりは、iPhoneG3をいじりながらニヤニヤしているかもしれません。
あ、今夜は、「NAGOYA GROOVIN’ SUMMER 2008」(栄:オアシス21)に寺井尚子さんがでるので観に行かなくちゃ!
それでは、またレポートします。(^.^)/~~~

 - Appleを語る