iPhone買ったぞ!その2(携帯メール)

   

iPhoneで携帯メールが使えないことで、購入を躊躇している人がいるようですが、では「携帯メール」とはなんなのかを考えてみました。
私が言っている「携帯メール」とは所謂(いわゆる)携帯電話から発信するE-mailであって「SMS(ShortMessageService)」ではありません。
(docomoのショートメール、auのCメール等)
All About:SMS

SMS
実は、海外では、SMSが通信事業者が違ってもやりとりできるために、「携帯メール」というものがないらしいのです。
つまり、携帯メールとは、日本独自のサービスのようですね。
PCの電子メールでもない、SMSでもない中途半端なメールサービスが発達したかというと、1つは通信事業者を指導する立場にあるお役所の将来展望の無さ。
普及する前に各事業者に規格を統一し、相互にやりとりできるように指導するべきだったのでしょう。
SMSはそれまで主流だったポケットベルの文字機能が携帯電話に搭載されたようなもの。
簡単な連絡なら、字数制限があってもそれで十分です。
考えてみたら、私もよく携帯メールを使っていましたが、ほとんどがタイトルも無い字数制限以内の文章だったような気がします。
SMSで足りなければ、直接電話をかければいい。
よく相手の状況が判らないから・・・という人がいますが、電話って元々そういう相手の立場を考えない無粋なもんでしょう。
携帯電話をもっているということは、いつ電話がかかってきても対処できると言う覚悟があってのこと。
出られない状況ならば、電源を切ったりマナーモードにしておけば良いだけ・・・と思うのですがどう思いますか?


私が、iPhoneに変えたと伝えると「絵文字が使えないんでしょ?」と反応する人がいますが、そんなに大切なモノなのかな~?
もともと私たちが最初に覚えたのは、所謂 顔文字で、こんなの(*^_^*)、やこんなの(T^T)です。
こんなのやパンチ、あんなたらーっ(汗)のはまぁそれの発展系なのでしょうが・・・
だけど、私も時々使っていましたが、晴れ雨が無いと困るほどのモノでもないでしょう。
世間では、それだけで会話をする人たちがいるようですが、立派な日本語という文字があるのですからそれを使いましょう。(笑)
だいたい、あの絵文字を探す時間があったら、普通に文字を打った方が早いと思うのです。
それに、携帯へメールをもらったら、すぐ返さないと失礼になる・・・みたいな習慣があるようですが、緊急の用事があれば、電話をすれば良いだけでわざわざ長文の携帯メールを書くよりもずっと効率が良いと思うのですが・・・。
なんだか、オヤジの愚痴のようになってきましたのでこの辺にしておきます。(^^ゞ


そう考えていくと、必ずしも携帯メールは必要なモノではなく、SMSをうまく普及することのできなかった負の遺産のような気がします。
私自身、携帯をiPhoneに変えたからといって、今までそう不便に感じたことはありません。
他の携帯にできることができないからって、なにも欲しいのに躊躇する必要も無いと思いますけどね。
他の携帯にはできないことが、iPhoneにはたくさんできるのですから。。。

 - iPhoneの話