iPhone iPad iOSのウイルス対策

   

昨日、同僚が「スマホを買いたい!」というのでいろいろ相談に乗っていました。
彼は、SNSもやったことがなく、使い方としては、出先でメールとインターネットができれば良いという程度。
以前docomoのスマートフォンを触った事があるらしいのですが、タップの感覚が敏感過ぎて扱い辛かったとのことでした。
そこで私のiPhone4Sを触らせていると、ぎこちない手つきながらも、「やっぱり便利だな~」っと感想を漏らしていました。
機種によって違うのでしょうが、私も以前Androidのスマートフォンを触った時に反応が敏感過ぎて扱い辛かったのを覚えています。
iPhoneの場合は、このあたりのタッチ感覚が絶妙でとても快適に使えます。


そんな風にスマートフォンの話で盛り上がっていたのですが、彼から「ウイルス対策はどうなのよ?」という質問。
私は、今まで考えた事もなかったのでちょっとシドロモドロ(笑)
「そんな話は聞いた事が無いから、無いんじゃないの?」と取りあえず答えておきました。
Androidではウィルス対策が当り前とのこと。
ーーーーーーーーーーーー
その場は、それで終わったのですが、気になったのでちょこっと調べてみたら、Androidの場合は、アプリの配布を何処も管理していないので、パスワードを引っこ抜いたり、メアドや電話番号を流出させる悪意のあるアプリを簡単に配布できるとのこと。
ある意味地雷だらけ。
iPhoneの場合も、Appleで管理しているとは言え、審査をかいくぐったり、メールなどでウイルスを撒かれないとも限らないので、用心するに越したことは無いですね。
で、調べてみたらありました。
Macのウイルス対策ソフトでも有名なVirusBarrierのiOS版アプリ。

[iPad, iPhone] VirusBarrier: メールの添付ファイル・Dropbox・ウェブサイトのウイルスを検索・駆除! - AppBank
iOSウィルス対策アプリ

iPhoneやiPad内のウイルスチェックはもちろん、Safariなどで見ているwebサイト内や、Dropbox内のウイルス検知までしてくれるのがユニークですね。
地雷発見機みたい。
現在のところ、私もiOSを標的にしたウイルスは聞いたことがないのですが、この記事をにもあるとおりWindows機とかAndroid端末ユーザーとのやり取りが多い方は、ウイルスを配布をしないように入れておいてもいいでしょうね。
私ですか?う~ん、微妙だな〜 私の周りはiPhoneユーザーやMacユーザーばかりだし…
一度ウイルスというものを見てみたい気がしないでもない。^^;

 - Appleを語る