iPhotoの顔認識

   

aoba.jpg
ず~っと欲しかったのですが、初めて最新式のデジカメを買いました。
これまでデジカメと言えば、iPhone3Gのカメラだったので・・・
まぁiPhoneのカメラも良い味が出るのですが、単焦点でパンフォーカスだとやっぱりつらい。
いろんな記録用や、このBlog関連の写真撮影、街角の面白いもの、ヤフオクへ出品する時の撮影用など、汎用性を考えてコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)にしました。
値段も大分こなれてきましたしね。
画質の良さそうなGRレンズライカのレンズにも惹かれたのですが、またカメラにのめり込むとお金も時間もかかりそうなので今回は自粛。(笑)
この手のものは、実際に触ってみないと解らないので、近くの量販店へ行っていろんなデジカメをいろいろ触ってみました。
画質には少々目をつぶって、直感的に操作できるか?と構えてから撮影までの反応の良さ、つまり機動性を重視して見比べました。


最後までルミックスシリーズとリコーCX3で迷ったのですが、結局CX3を買いました。
レンズのF値が最大3.5なので欲を言えばもうちょっと明るい方が良かったのですが、まぁ仕方がない。

cx3
※画像はリコーのサイトから拝借
今時のデジカメは、こんなに凄いんですね。
ビックリした。
ちょっと前までは、光学10倍ズームなんて考えられなかったですよ。
手ブレ補正機能も凄い!
実際撮ってみると、暗いところでも階調が豊だし、一昔前のデジカメみたいに眠たい画像じゃなくてコントラストもGood。

tamaya.jpg
これならそうPhotoshopなどで手を入れなくても十分使えます。
ただ「マルチ測光」だと若干暗めに写るようなので、+0.3露出補正を入れてます。
まぁ、この辺は被写体によっても変わるし、好みの問題かな?


このデジカメを使い出してから、今まで以上にiPhotoを使うようになりました。
今までは、壁紙にしたい画像や、ネットで集めた○○な画像、iPhoneで撮ったりゅう太の画像を管理するくらい。
しかし、これだけデジカメの性能が上がって、撮れる枚数や容量がUpすると、知らず知らずのうちに枚数を撮ってしまいます。
デジイチなどで本格的にやるんだったら、もっと高性能な専用ソフトがいいのでしょうが、なんせ、画像を見るのがほとんどiPhoneなので、その連携を考えるとやっぱりiPhotoが便利。
iTunesでお馴染みのスマートフォルダ機能で整理も楽々。
取り込む時にイベント名を付ければ、もっと楽に整理できます。
その他、撮影地でも分類もできるのですが、このカメラ「ジオタグ」が使えないのでちょっと残念。
そうそう、忘れちゃならないのが「顔認識」。
最近他のデジカメでもボチボチでてきましたが、iPhotoでも使えます。
しかし、実用にはまだまだのようですね。


私は、今まで旅行へ行ったりしても、あまり写真を撮らない方でした。
水中カメラは趣味にしていたのですが、記念写真的なものや記録写真などにあまり興味がなかったのですよ。
つまり、昔のアルバムを見て「あの時は楽しかったね~」とか、「こんな事もあったね~」なんて嫁さん達は楽しんでいるのですが、私にはちっとも楽しくなかった。
たぶん、もう終わったことに興味が無かったのでしょうね。
楽しいイベントが終わった後は、また次の楽しいことを見つけるのに一生懸命。
あまり過去を振り返ることもなかったし、振り返ろうとしても残念ながら余程印象的な事以外は、すでに忘れてしまっていて、嫁さんに「あそこ行ったよね?」とか「こんな事あったよね?」と言われても思い出せない私でした。
もっとも嫁さんは、覚えていなくても良いことまでいつまでも覚えているのですが・・・
(頼むからあのことはもう忘れて m(__)m>嫁さん)
でも、この歳になって人生の終点が見えてきたのもあるのでしょうか?
チビ達の写真とか、りゅう太の写真とかを撮っておきたくなったのですよね。
いずれにせよ、このデジカメとiPhotoでまた毎日が楽しくなりそうです。
(^.^)


ねぇヒロ君!この前の旅行の写真見せてよ。
楽しかったよね~
お泊まりの旅行初めてだったもんね。
一緒に行けて嬉しかったぞ。(*^_^*)
へぇ~ Macってこんな風に人の顔が解るんだ。
すごいね。
そういえば、最近のデジカメでも同じような機能があるもんね。
私のこと解るかな~
きゃ~!なんでこんなのが出てくるのよ~!
え? 「理恵ですか?」もう失礼ね~ (`ヘ´)

理恵
おい!
「はい」押してんじゃないわよ!!!
※全国の理恵さんごめんなさい シャレですからお許しを m(__)m

 - Macアプリ