iPodをバックアップツールとして使う 追録

   

[追記]
2005年10月13日に発表になったiPod(動画対応品)からFireWire接続に対応しなくなったためiPodを起動ディスクとして使用できなくなりました。
[追記終わり]
iPodをバックアップツールとして使うで、

バックアップする方法は、
1. iPodからMacを起動
2. 「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を起動
3. 左側のリストからバックアップするボリュームを選択。
4. 「新規イメージ」をクリックしてすると保存先を聞かれるので、名前を付けてバックアップする場所を指定。
5. 「保存」をクリック→パスワード入力
以上で、保存先へディスクイメージを作成開始です。

と書いたのですが、これと同じように先日バックアップを取ろうとしたら「装置が大きすぎます」との警告が出てバックアップが取れなくなりました。
元ボリュームの総容量が、保存先よりも大きい場合はそういう警告がでるのは仕方ないのですが、今回私の場合は、保存先のボリュームに余裕があるのに出てしまいました。
もし、こういう警告が出た場合の対処方法を書きます。


今日MacPeopleを買ったら、ちょうど「OSX 情報局」(158p)にバックアップの取り方が掲載されていたので、買った方は、それも参考にしてください。
MacPeopleのやり方ですと、バックアップ先のディスクは、クリーン(何も入っていない)なディスクを用意しないとファイルが既存のファイルと混ざってしまって使えません。
そこで、最初に空のディスクイメージを作成します。
ディスクユーティリティを起動して、左側のディスクが何も選択されていない状態で「新規イメージ」クリックします。
作成する容量を設定する画面が出るので、「カスタム」を選択して、実際に使っている容量よりも少し大きめを指定しましょう。
bolum.jpg
そうすると、空のディスクイメージを作成し始めるので、しばし休息。
ディスクイメージができあがったら、ソースにバックアップ元のボリュームを左欄からドラック&ドロップ。
復元先に作成した空のディスクイメージを指定して、「復元」をクリックするとバックアップが始まります。
fukugen.jpg
「復元」という言葉が解りにくいですが、「コピー」と置き換えると理解しやすいでしょう。
ただ、普通のコピーとは、違って不可視ファイル等のシステムで使っているファイルもコピーしてくれます。
(多分Appleは、普通のコピーと混同しないように「復元」という言葉を使っているのでしょうが・・・)
このやり方は、AppleStore-栄-でヒントを貰ったのですが、iPodにシステムファイルをインストールするのは、サポート対象外との事ですので、その辺を理解した上でお試しください。
サポート対象外だろうが何だろうが、自分の知恵を絞って創意工夫することに意義があると思っています。
(たまに泣くこともあるけど・・・)

 - Mac・iPhone・iPad入門