iTMS 音楽配信の次は動画配信?

   

CNET Japanの記事によると、AppleがiTMSで動画配信を始める可能性があることを示唆しています。
CNET Japan:Appleによる映像配信の可能性を検証する
iTunesには、動画配信をする十分な機能が備わっていることは、macTV VideocastなどがすでにPod Castの形で映像を提供していることを見ても明らかです。
QuickTimeの最新バージョンに採用されているH.264コーデックを持ってすれば、高圧縮でありながら、高画質の映像を配信することは十分可能でしょう。
AppleサイトのQuickTime-Movie Trailersが、まさしく予告編になっています。
あとは、CNET Japanの記事の中にもあるように、技術の問題ではなくて、ビジネスの問題で、iTMS Japanがオープンしたときのように、価格面や著作権保護の問題で映画会社とどう折り合いを付けるかでしょう。


それより、私が期待しているのは、iPodが動画に完全対応することです。
H.264だけではなくて、既存のDVD形式に対応して、音楽や画像だけではなく映像も持ち歩くことができるデジタル機器に進化することです。
iPodの画面では小さすぎますので、当然外部出力端子を備えてテレビやモニターに接続して映像を観ることができるようになるでしょう。
つまり、iPodがHDD内蔵DVDPlayerになるのです。
技術的にはなんの問題もないでしょう。
iPodの中に、DVDPlayerソフトを入れるだけなのですから。
音声→静止画像→動画
というのは、当然の進化する方向性だと思います。
ひょっとしたら、来年のIntelMacの発売と同時に発表されるかもしれませんね。
いつでも何処でも好きな映像を観ることのできるiPod・・・夢は広がります。


これまでWindowsMediaplayerに独占されている感のある動画配信をQuickTimeが奪うのじゃ~!
そうすれば、Macユーザーでもあんな動画や、むふふな動画もなんの不自由もなく見ることができる・・・
ってレベルが低い?

 - Apple News