iTunes Storeで映画三昧 -阪急電車 片道15分の奇跡-

   

今日、今年初めての映画を映画館観てきたMetalです。
このお正月休みをいかがお過ごしだったでしょうか?
昨年も時々映画関連の記事を書いていたのですが、今年はもっと増やしていこうと思ってます。
というのも、まだ少ないとは言えiTunes Storeや、 Apple TV
で手軽に映画を観ることができる環境があるのに使わないのはMOTTAINAI。
 iTunes Store(Japan)
ロードショウで一度観た映画でも、気に入った映画は2、3回観ます。
というのも、良い映画というのは結構奥深いものがあるんですよね。
1度目はストーリーを追いかけて終わってしまいますが、2回目以降に役者の台詞回しや表情、カット割りなどに注意して観ると「そういうことだったのか!」と気付くことも多々あります。


私は人間は、いろんな経験をすることによって成長する生き物だと思ってます。
しかし、自分の人生は一度きり。
映画を観ることでいろんな人の人生を疑似体験できるのがいいんですよ。
余談ですが、初めてのデートでは映画を観に行くことをお勧めします。
2人で映画の世界へ飛び込み、同じ疑似体験をすることで親近感を覚えるんですよね。
それに、デートの後の会話にも困りません。
同時にその会話を通じて相手の考え方や感じ方を知ることも出来ますしね。
私が観た映画で観て良かったと思った映画を記事にしたいと思います。


前置きが長くなりましたが、今日の映画は 阪急電車 片道15分の奇跡阪急電車 片道15分の奇跡

公式サイト:阪急電車 -片道15分の奇跡-
ほんの片道15分間のローカル線の電車、その電車に乗るそれぞれ悩みを抱えた人々のそれぞれの人生が微妙に絡み合いながら、オムニバス形式で物語が進行します。
この絡み具合が絶妙で、老若男女の登場人物の人生(ストーリー)がそれぞれが付かず離れず同時進行で進みます。
他人から見れば他愛の無い悩みでも、本人にとっては大問題。
苦しみながら自分の問題に向き合い解決しようとします。
冒頭のストーリーは、中谷美紀演じる普通のOL翔子が登場。
若い後輩OLに婚約者を寝取られ、彼から別れを切り出されます。
彼と別れる事を承諾した彼女、別れる条件は、「その彼と寝とった彼女との結婚式への出席」
男としては身から出た錆とはいえ恐ろしい条件だ。_l ̄l○
しかも、翔子は復讐のためにウエディングドレスを着てその結婚式へ。
キャストは、そんな翔子に声をかける時江を演じる宮本信子さん孫の芦田愛菜ちゃんや恋人のDVに悩むミサを演じる戸田恵梨香、近所の奥さん連中の誘いを断れずに悩む主婦 康江役に南果歩さんなど、素敵な役者さんが揃っています。
宮本信子さんのラストシーンが、観客の気持ちをスカッとさせます。
自分の悩みは自分のもの、他人は解決してくれません。
しかし、人はお互いに助け合うことで、自分と向き合い問題を解決する勇気を持てる。
そんなことに気付かせてくれる映画でした。
見終わった後のほっこり&元気になれる度 星3つ ☆☆☆
阪急電車 片道15分の奇跡阪急電車 片道15分の奇跡
人生には3つの物があればいい、希望と勇気と、少しばかりのお金さ。-チャールズ・チャップリン-


 - 映画大好き^_^